野生の聖域

岩手・秋田・青森にまたがる中岳と四角岳に行きました。
県北の山はすでに晩秋。
だれもいない静かすぎる山です。

2015-10-26_7013.jpg

鈴もつけてさらに時々、笛を吹きながら行きました。
これがいけなかった。
笛を吹いたら、近くで「ボボボ...」という重低音。
気のせいかと思ってまた吹くと「ボボボっ...」
何かなと?もう一度吹くと「ボボボボボボっ」

クマが威嚇してるんだ!とわかり、青ざめて、
でももう過ぎてしまったので引き返すこともできず、
ドキドキしながら登り続けました。

たぶん鈴だけで歩いていれば、クマは静かに私が行くのを待っていたのでしょう。
でも、いきなり笛を吹かれて怒ったのだと思います。
ごめんねクマ。聖域に土足で入った私が悪かった。
野生のエリアに入ったら、私がそのルールに従わなければならない。
怖さもさることながら、人間なんてたわいもないと思いました。
何事もなくてよかった。

山はガスがかかり、雪がちらほら、今年の初雪。
風が強くてクマ嵐。
ブナの木にはクマの爪痕いっぱい。
標識みたいな人工物は、クマにやっつけられてました。

こんなところに大正4年から数年間、田山小学校の分校があったそうです。
鉱山の子供たちが通っていたそうな。
大正4年って、三毛別のヒグマ事件と同じ年。ん~。

下山は道に迷って藪漕ぎして来たおじいさんに会ったので、
おじいさんの後ろにこっそりついて行きました。
クマが出たら、おじいさんを差し出そうと。
ほんとうに無事でよかった。

Comment

2015.10.30 Fri 10:05  |  すごい所を歩いてますね

ボボボ・・が、どなもんだかわからないけどそれは少なくとも脅しではないのではと私は思うのですが?!近づいて欲しくない時、熊は兎に角大きな音をさせて地面を踏みならしたり、転げまわったりして強烈に脅してくると思います。笛の音に反応しているのは確かだから・・・って考えると熊はやはり利口な動物なのでしょうね。それでも中には凶暴な性格の熊もいるらしいから気をつけてネ。何かあっては困るし、熊も殺されてしまうのだから。ちなみに冬眠から最初に目覚めるのも、最後に冬眠するのも子連れの熊だそうです。くれぐれも気をつけて!

  • #a2H6GHBU
  • つびこ
  • URL
  • Edit

2015.10.30 Fri 23:17  |  つびこ様

本当にそうでした。クマのほうが1枚も2枚も上手です。
〈森のくまさん〉のクマさんみたいに「おじょうさん、お逃げなさい」♪
と、わたしを逃がしてくれたのでした。
山に入ったら、クマの邪魔をしないように、
もっと注意しなくてはいけないと反省しました。

  • #-
  • かわず
  • URL

2015.12.05 Sat 13:06  |  

かわずさま、ご無事でよかったです!
私もかなり前、青森県側から1回だけ四角岳に登った
事があります。途中、結構な藪があり、ここはタケノコ
の山なんだよ~と教わった記憶があります。

「ボボボポ」という音に関してですが、私も岩木山の
八合目の駐車場で車中泊(届出書を提出の上で)した
時に夜中に「ぐぉぉぉぉぉぉ」「どぅるるるる」と
いう音を聞いた事があります。私にはそれは、クマの
声に聞こえました(真相はわかりません)。
ほんとに、もともとの山の住人達とうまく共存していけ
ればいいですよね。また、元気で山に登るべし~!!

  • #-
  • かめ55
  • URL

2015.12.12 Sat 22:40  |  

かめ55様

それはきっと、クマです!!怖いです。
山に入るときは、「お邪魔します」の気持ちを忘れないようにします。
来年も、いい山登りしましょうね。

  • #-
  • かわず
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://naococoan.blog94.fc2.com/tb.php/1328-0c6279c1
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音