花見しようよ!

再開した、愛してやまない「旬の拵へ こくう」でランチ。
噛むほどに、心と身体を支える糧に感謝の気持ちがわきます。

1103290001.jpg

被災した沿岸の方が、満足に食事をいただけない今、
こんなふうにしていていいのか...

でも、私は消費します。
自分の懐が許すかぎり、「使い、回す」ことに決めたのです。

大きなお財布があったら、たくさん寄付したいけれど、
残念ながら、私のお財布はとても小さい。

寄付金はもちろん、ありがたいし、すばらしい。
でも、被害状況が報道されている間だけの寄付は、
言葉がキツイのを重々承知でいいますが、
安全地帯にいる人の自己満足に思えます。
被災者は、これから何年も何年も、苦労の日々が続くのだ。
だから永続的に、支えるために、
使える人は使って、経済を活性化させようよ!

私も、これまでと同じように、日々仕事をし、
自分の役目をきちんと果たし、
適正な利益を得て、税金を納め、
時にはちょっと、自分にご褒美をやり、
被災した人たちをバックアップしていきます。

足を止めちゃダメだ!!

魚屋さんが、お店を開いていました。
宮古のお店はなくなったけれども、
出来ることをやっていく、という前向きなメッセージ。

ニュースでは、自宅の瓦礫から、
楽しかった思い出の品を見つけて、
声をあげて笑う人たちの映像。

こんな大変な状況でも、笑ったり、勇気を振り絞ったりできる、
人間ってすばらしいね!

桜が咲いたら、花見しよう!!
春はどこにも来るし、桜はどこにも咲く!
それぞれの花見になるけれども。
でも、みんな、花見しましょうね!!!

1103290004.jpg

おともだちを紹介します

経験したことのない2週間が過ぎて、
これから先もどうなるかわからないけれども、
おなかはすくし、眠くなるし、
朝目覚めると、なにかに期待するワクワク感が、
微かでもあるので、
また、元通りになるし、それ以上になれるのです。
きっと。

地震の前に満タンにしていたし、
地震直後の停電で信号が機能しない国道4号線を茫然と見て、
こんな事態がなんとなく予想できたので、
車に乗らず、歩いたり、自転車に乗ったり。
だから、まだガソリンたっぷり。
意地でも、給油で並ばないぞ!と決めてます。

もともと歩くの大好き。全然苦じゃない。
さらに今、自転車が一番のお友達です。
名前は「石橋リンダ」ちゃん。
トレーニングも兼ねて、乗ります。
太もも、競輪選手並み。

1103230001.jpg

不屈のニッポン

みんないっしょに、政治も経済も精神も、
ここから立て直しましょう!がんばろう!!

変わらぬ想い

1103090013.jpg

紫波町城山公園かいわいにて。
リュウノヒゲの実です。
まっさお。
花言葉は、タイトルのとおり。

「変わらない想い」というかスタンスは、
「来るモノ拒まず、去るモノ追わず」です。
あきらめてるんじゃなく、投げやりなわけでもなく、
ただ、
変化に順応して、
現実を受け止めて、
状況を楽しんで、
依存しない、
固執しない。
って自然にできる自分でありたいということ。
自分の気持ちに無理せず、正直でいたいってことネ。

野生のブルーを見て、その想いを強くしたのよ。

こどもの部屋

1103010018.jpg

姉といっしょに使っていた子供部屋から、
はじめて自分だけの部屋を持つ...
って、そういえば自分もとっても嬉しかったな~
と、遠い昔の記憶。

今日、工事中の室内で、
かわいいメッセージを見つけて、うふふって笑いました。

子供の部屋については、いろいろな考え方や説があって、
たとえば、有名校の合格者の勉強部屋の傾向とか...
私自身は、よくわからないし、
正直言って、部屋の問題だけじゃないと思うんですけど。
さらには、勉強だけじゃないとおもうんですけど。

ただ部屋だけにかぎったことじゃなくて、
はじめて自分だけのものを持つ感動は、
子供の時分にはとくに大きいから、
そういう子供心を忘れずに、
家づくりを提案したいな!と思ったしだいです。

春休みには新しいお部屋ができるから、待っててね!!

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音