クロちゃん

1007310001.jpg

もうちょっとでお友達になれそうな距離感です。
クロちゃんにとっては、
スリルを楽しめるギリギリのラインかもしれませんが。

カメムシブルー

1007180002.jpg

どこから入ってきたのか、お部屋の上のほうでカメムシがブンブンいってます~。
撃退も駆除もできません~。
せめて涼やかな写真で、イヤなことは忘れましょう。

ももいろのうま

露をいっぱい蓄えた植物は神秘的。

1007250013.jpg

一番近い山が岩手山。
「馬返し」まで車で30分ですもの。

大暑

暑中お見舞い申し上げます。
大暑です。
暑いからか、例年よりネムの花が色濃く、きれい。
ネムの花って、夏休みに入る頃から咲きだすという記憶ですが、
今年は少し早い?

毎日、キュウリと玄米と、お味噌汁です。
それではかえって、立ちくらみして、
「丈夫ナカラダ」を保てないので、
たんぱく質もとるように心がけてます。

昨日はお休みをいただいて、高校野球を観てきました。
球場の夏の空、いいねえ。
走る姿を見るだけで、涙が出ます。
しかも去年の夏が思い出されて泣ける~。
この季節、ホント、男に生まれたかったと思う。

1007220006.jpg

海の日、樹海へ

1007040019.jpg

八幡平、深く深く霧が出ていました。
ワタスゲが捨て猫のように濡れてました。

花言葉は「愛嬌」

2週連続、日曜日は秋田駒ケ岳へ!

先週はfeat. ambai from フラワーシスターズとムーミン谷まで。
チングルマのお花畑がムーミン谷って呼ばれてるとは知らなかった。
お花畑はなんでもかんでも、「ハイジのお花畑」って言ってたよ。
ギンリョウソウは「ニョロニョロ」って呼んでるけど。

それで今週は単独行。
おんな一人で、しかもイマドキな短パン+タイツなスタイルだと、
人々はベテランだと思うらしく、
あれこれ聞いてきます。
いいえ、アタシは永遠の初心者。
ガスって不安で、あれこれ聞きたいの私のほうです。
鳥が飛び立つ音で、「ひえ~クマ~」とビビリ涙を流します。
お花畑→男岳→横岳→大焼砂と周回したけれども、
今回も濃霧のため、男女岳へは行かず、
結局、駒ケ岳の全貌は明らかにできませんでした。

一週間で花の咲きっぷりはだいぶ変わりますね。
ほんと、山の夏はあっという間。

〆は仮面ライダーの血の色の温泉でしっぽり。

1007180028.jpg

ウサギギクが可憐です。
花言葉は愛嬌。
そうそう、ウサギは愛嬌が肝心よ。

クレマチス2010

このまえの日曜日。
秋田駒ケ岳はハンショウヅルも花ざかり。

1007110004.jpg

雨降る庭のポーリッシュスピリットも花ざかり。

1007130001.jpg

トクトクと鼓動が聞こえてきそうな花びらです。

七変化

1007110026.jpg

蛙:     まあ、ロコ社長!
       まるでおフランス人形のようですね。

ロコ社長:  ほにほに。
       あいかわらず蛙さん、あわてんぼうね。
       もちろん私、フランス人形のようにかわいいから、
       見間違えるのも仕方ないけど。

蛙:     あっ、ほんとだ。
       山崎パンのロールちゃんだ!
      「世界の国からロールちゃん」のフランス版ですね。
       そうよ、そうだよ。この白ウサギちゃんはロールちゃん。
       だって、ロコ社長は目の周りに、殴られたようなアザあるし。

ロコ社長:  アザじゃないわ!
        こういうアイメイクなのよ!

蛙:     ぷぷっ。
       まるで肝斑ですね。
       もしくは寝不足?
       「ウサギのクマ」って、笑える~。

ロコ社長:  きい~。
        くだらないわね~、でもくやし~。

山の上のお花畑

ハイジが山の上のお花畑に行くのがとってもうらやましかったのです。
でも今、私も自分の足で、「山の上のお花畑」に行けるよ!!

ヒナザクラがいっぱい咲く烏帽子岳。
いや~ん、しあわせ~。

1007040032.jpg

1007040059.jpg

鳥っこのフルーツ

春先に庭に出した鉢植えの万両から、
ある日ひとつぶ残らず、赤い実が消えたのは、
ヒヨドリのヒナが孵ったころ。

遅れを取り戻すように暑い日が続いた6月も終わり、
ブルーベリーがブルーベリーらしい形になってきたので、
ヒヨドリチェックが入っています。
今年はたくさん。
鳥のために植えたからかまわないんだけど、
少しは私も食べたいよ。

1007030003.jpg

山開き

7月です。
岩手山山開きですが、あいにくの天気。
ギシギシいっている背中を治してもらいました。
雨の日はメンテナンスと決めています。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音