金の盃

盛岡駅前の「みうら果実」。
お店は本日3月31日をもって閉店。
リニューアルするそうです。
あの、子供のころからなじみの、
でっかいリンゴちゃんも、なくなってしまう...らしい。
悲しい。

1003310015.jpg

記念に撮りました。
青空だったらよかったな。

1003310016.jpg

名残惜しんで、常連さんでしょうか?
お買いものして、お店の人と握手してました。

私も、90%OFFになっているキンセンカを、
わんさか、買いました。

1003310020.jpg

キンセンカ。
金色の盃って意味です。
花言葉は「別れの悲しみ」
ぴったりでしょ?

そして属名の「カレンジュラ」には「月のはじめの日」って意味があるそうな。

そう、明日から4月。
出会いと別れ、てんこもりの季節。
金色の盃で、少しばかりアルコホオルをいただいて、
新たな気持ちでスタートしましょう。

かわず、八幡平を行く

なかなか体は山へ行けないので、
カエルちゃんに心を託してみました。
樹氷と岩手山を背景にニッコリ。

1003250003.jpg

な~んてね。
ポストカードinカエルちゃんカードフォルダーです。

3月が特にも男前

建造物フェチっているでしょう?ダムフェチとか教会フェチとか。
解体現場フェチもいますね。
わからなくもない。

1003140002.jpg

私は明らかに岩手山フェチ。
3月は透き通った空気で晴れた日が多く、
白い岩手山がいつにもまして美しいのよ~。
でも、姫神山も早池峰も狂おしいほど好き。
雪山フェチかな?

写真は盛岡市内中心部の高いところから撮りました。
この位置も悪くはないけど、
やっぱりpinepark地区からの岩手山がいちばん!

3月のおはな2010

3月も半ばというのに寒い寒い。

今月のおはなは、アーティフィシャルフラワーを使い、
コーヒーカップに盛り合わせ&リース。
とっても好きな花のひとつ、アネモネ入りなので、
ルンって気分になります。

それから、尊敬する二葉百合子先生が引退されるとのこと。
生で♪岸壁の母♪を聴きたかった。
お年をとられてからも凛として、切なく、朗々と歌うお姿に、
いつも泣かされておりました。
「お疲れ様でした」のお花にします。

1003170001.jpg

1003170009.jpg

いただきます

できることなら殺生したくないので、マクロビな生活をしたいとは思いますが、
体力を維持するために、やっぱり動物性のたんぱく質も必要。
身土不二。
ながくながく、雑食だったのですものね。
ちなみに動物だけでなく、
花や木や草にも命はあると思っているので、
それらの命を犠牲にできないのだとすれば、
私は餓死してしまいます。

いただきます
は、「お命いただきます」のこと。

他の命をもらって、自分の命を長らえる。
ニッポン人はお食事の前に、感謝の言葉をいいます。
神様に「アーメン」って祈りをささげて、お食事するのと同じこと。

信仰を強制しないで。
古来からの食文化を否定しないで。
インドの人からしたら、牛肉を食べる人たちは鬼畜。
「ニッポンの食文化だ!」って鳩山が抗議しなくちゃダメ。
牛も豚もイルカもクジラも、
大根も白菜も人参も、みんな同じ。
命をいただいて生きているって、いつも感謝しています。


心の支え

1003090003.jpg

一週間に一度、美味しいものをいただいているので、
がんばれるんだ~!!
春はそこまで来ているはずなのに、大雪!?

きょうのピョンコ

「社長、最近、色白ですね。どこの基礎化粧品をお使いですか?」

「......。」

1003050027.jpg


「あら?それにカラーコンタクト?」

「......。」

「ミドリ色のエクステって、個性的~。」

「......。」

「さては恋?春ですものね~」

「......。」

「ちょっと~、無視するなんて感じ悪い~ぃ。
おや?ロコちゃんじゃなかったの?
どうりで、いつもよりおしとやかでかわいいと思ったわ。」

無事でよかった

遭難した宮城の登山者たち。
ドキドキして心配で心配で。
無事でよかったです、ほんとうによかった。
山は楽しいけれど、こわい。
こわいという印象だけでなく、やっぱりすばらしいって、
たくさんの人に思ってもらいたいので、
無事でほんとにほんとによかったな~と思います。
ほんとにほんとによかった。

つぼみ

Q.さて、何のつぼみでしょう?

1002240016.jpg

ヒント1 岩手の県花です。
ヒント2 五百円玉の花です。
ヒント3 女の子が生まれたら植える。

答えはキリです。桐。

高いところに花芽がつくので、キリンでも飼わないと近くで見られないのよ。
まして、触れないのよう~。

でも、御厩橋のたもとの石垣からニョキっと出ていたド根性キリは、
ちょうど私の目の高さで花芽をつけていましたので、
じっくり観察してやったのよう。

1002240019.jpg

ビロードでくるまれた芽でした。
紫の花が咲くころに忘れないで見に行って、
またじっくり観察してやるのよう~!



プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

02 ≪│2010/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音