ホトトギス哀歌

森の木陰で見つけた去年のホトトギスです。

DSCF5522.jpg

今年は黄色のホトトギスに出合いました。

0907200115.jpg

花言葉は、「永遠にあなたのもの」だそうです。へえ~。

今年のクレマチス

0907240003.jpg

山の上のほうでは、今年もミヤマハンショウヅルが美しいですよ。

そして私のお庭の、ハンショウヅルっぽいクレマチス“ポーリッシュスピリット”も、
たくさん咲いています。
咲き始めはプックリ、だんだん妖しげにほっそりしていきます。
写真で見るより、実際はもっと深い色。高貴な色です。満足だわ~!!!

いろいろな夏です

0907240020.jpg

0907240027.jpg

盛岡に生まれ育ち、蛙家の家訓で、
「高校野球は盛岡一高を応援しなくてはならぬ」
と幼いころから、叩き込まれていたため、
複雑な思いを抱きつつ、両校を応援したのであります。
でもやっぱり、花巻東に全国制覇の夢を託したい...
お施主様の愛息や、町内会の少年がいますからね。
だから、花巻東にちょっと多めに念力を送りました。

いい試合でした。

休日のおはな

先生からいただいたアーティフィシャルの材料で、
ハート型のリースを作りました。
どう?

0907190002.jpg

ちょっとでも時間があって、
そこに材料がそろえば作りたい。
そこに山があれば登りたい。
そこに食べるものがあれば食べたい。

1日が30時間だったらいいのにィって思います。
って、いつも言ってる?
1日は24時間でいいから、自分が5人ほどいたらいいのにィって思います。
って言ったら、家人に「かんべんしてくれ」と言われました。

個展のおはな

0907180003.jpg

お友達の個展、最終日にやっと行くことができました。
雨になる前の庭の花を、小さな花束に。
温室育ちの立派な花より、
こういう自然なもののほうが似合う人です。


7月のお庭09

0907150011.jpg

先週の土曜日、ガーデニングのお教室で作ったのは、ベリー盛りです。
ブルーベリー2種類とコケモモ。

0907150003.jpg

我が家の庭に、何年か前に植えたブルーベリーは、
日陰の、条件の悪い場所にもかかわらず、
けっこう実をつけています。

食べごろね。明朝、収穫しましょ。

と思っていると、必ずや先客のヒヨドリが持って行きます。
いつぞやは、まるであざ笑うかのように、
わたしの目の前で、くわえて飛び去りました。ムム...

考えようによっては、私の食べごろ予測も、野生的に正確ってことよのう。

というわけで、庭のブルーベリーは鳥っこ用に栽培。
このコンテナ果樹園はヒト用にします。


今年のコマクサはよいコマクサ♪

お姫様たちに会いに、岩手山へ。

0907120045.jpg

↓タニキキョウ?

0907120003.jpg

0907120071.jpg

7月のおはな2009

0907080002hana.jpg

6月のおはなは、アーティフィシャルでクリア素材のティッシュケースを飾りました。
涼やか~。

でも、実用にするにはもったいないような気がするので、
やっぱりいつものように、壁かけに。
ブライダル~な感じ。

0907080012hana.jpg

どこをとっても男前な山

0906270118.jpg

0907050120.jpg

0907050180.jpg

山の春や夏が年々、早くなっているようです。

不如帰エレジー

かわず邸の花園で、夜にホトトギスが鳴きます。
キョキョキョ・キャ!キョ...キョキョキョ・キャ!キョ...
けたたましくて、やかましいのに、なぜかちょっと悲しい。
ウグイスさんに卵を託して、子育てを放棄している罪の意識?

♪忍び音もらす、夏は来ぬ♪の「忍び音」って、
ホトトギスの初鳴きなんだって、はじめて知りました。
意味を考えずに歌っていたのね。
こんなデリカシーのない鳴き声を「忍び音」って、なんだかな~。
もっと、こらえた「ためいき」のイメージなのにね。

ホトトギスは「不如帰」って漢字も、なんか悲しいです。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

06 ≪│2009/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音