がんばれ!!花巻東!!

WBCの興奮からまだ醒めていないというのにさ、
センバツで熱くなっているのよ~!!!
一所懸命な高校生たち、かわいいなあ。
花巻東のニコニコ笑顔野球、いいよ~。
ピンチでもニコニコ。
野球が面白くって仕方ないってかんじだ。

「まゆげ」がいいのよね、加工してなくて。
近頃の若者の眉毛の形状に激しく怒っているママンは、
「眉毛抜いてるヒマに、素振りしろ」と手厳しく言い、
自然体の野球少年が勝利すると、
「眉毛がちゃんとしているからだ」と自信たっぷりに断言します。
たしかに、わき目もふらずに野球に青春をかける姿は、
おしゃれなどしなくても、美しいですね。

WBCとかオリンピックとか高校野球の期間中は、
国民の休日にすればいいのにぃ、
と、いつも思います。

「失セモノ アラワル」の法則

山の手引書として大切にしている、山と渓谷社の『岩手県の山』。
これが見当たらなくなって幾月...。

山を愛する人たちの間で行ったり来たりしていたけれども、
最後は私の、というより、私の母の手元に戻ってあるはず。

嗚呼、それなのに母さん、「知らない」と言い張るのです。

そこまで言うならと、一度は公正な姿勢で捜索。
蛙ハウスはふだん、盛岡山の手の大邸宅と大ボラを吹いていますが、
いえいえ、ふつうの家です。
大体、置くところなど、パターンが決まっているので、
すぐに見つかるだろうと思っていたのですが、
いやあ、さがしても、さがしても、さがしても、さがしても、
どこにも見当たらないのです。

春の足音が聞こえ、山が呼んでいるので、
なんとしても、あの本が必要だということで、
結局、新しいのを1冊買うことにしました。

「で、買ったとたん、見つかったりするんだよね~、ふしぎなことに」
などと言っておりました。

ところが私にとってのバイブルは、山を愛する多くの人のバイブルでもあるので、
昨年のシーズンには積み上げてあったものが、
どの本屋さんでも売り切れなのです。
本をネットで買うことに、なぜかとても抵抗があり、
意地でも手に取って買ってやる~と鼻息荒くして、
やっとやっと探し当てて購入し、帰宅したその夜、

「あの山の本、みつかったよ~」ケロケロと母。

ああ、やっぱりね。
でもせめて、買って1週間ぐらいしてから、出てきてほしかったよ。

というわけで、新しい山のテキストは一度も開かれることなく、
ノエルホーム登山部の部長のもとへ、嫁いでいきました。

コタロウの庭③

0903220001.jpg

0903220002.jpg

スイセンは早いうちから咲き出して、今も次々咲いています。
いい匂いです。

もひとつ、いい匂いに誘われて、コタロウのようにクンクン探したら、

0903220004.jpg

白梅でした。
おとなりのお庭の木です。
春が早いのです。うらやましいよ~。
盛岡はちょっと冬に逆戻りです。さ、寒い。

煙と私は、

高いところが好きなのよね。

スパイダーマン

副題は「頂点を極める」
おめでとう!ニッポン!!



今年さいしょのお庭のおはな

どど~んと急に暖かくなって、
ニョキニョキっと
チューリップとかスイセンとかヒヤシンスとかムスカリの芽が出て、
この前まで、リンゴくれろ~、くれろ~と言ってた
ツグミちゃんやヒヨドリやオナガは、
他の所でタンパク質でも補給しているのか、ちっとも来なくなり、
そのかわり、

0903200002.jpg

福寿草が咲きました。

ひとつだけ。
いつのまにか数が減った。
幸せが逃げているような気がする...よ。

姫神山です

そうそう、日曜日に登ったのは姫神山です。
風が強く、雪は踏み固められていました。
前日から朝にかけて降った雪?雨?が木の枝について、
まぶしい光きらきら、幻想的な景色だったのですよ。
息をさらわれる風でしたが、何度も感嘆のため息が出ました。

0903150030.jpg

それで、頂上付近では、
「いえ~い!!岩手のマッターホルンだ~!!!」と大はしゃぎ。
マッターホルン、行ったことないけど。
しかも、遠くから見たマッターホルンはこんな感じだけど、
マッターホルンの頂上がこんなではないよね、きっと。
行ったことないけど。

その勘違いは姫神山に登ったことのない人が、
「てっぺんは、とんがっているから、人が立てないでしょ?」
とか、
「頂上には雪があるけど、途中はないから、冬でも楽に登れるね」
と思っているのと同じ...ほにほに。

時報

2時?

0903070019.jpg

雪山讃歌

♪雪よ岩よ 我らが宿り
おれたちゃ 町には住めないからに
おれたちゃ 町には住めないからに♪

0903150044.jpg
 
青空に霧氷に、澄んだ空気の下に広がる町、
白く荒れている岩手山、大小の山々。
ギイギイ泣く木立ち、転がり落ちて大きくなっていく雪玉。
頂上で食べる「おやつ」。
そんなの体験してしまったら、のめり込んでしまうでしょう?

K先生、初心者の私たちを見捨てないで、これからも、ご指導ください。
よろしくお願いいたします。

♪雪の間に間にきらきら光る
明日は登ろよあの頂に
明日は登ろよあの頂に♪

心のラーメン

takamiya.jpg

ラーメンについて、ああだこうだとウンチクを語らないでは気のすまない人は、
喰わんでけっこう。
私にとって世界で一番いとしいラーメンです。

味には実はけっこうムラがあると感じています。
濃かったり、薄かったり。
そして麺の茹であがりも、やわらかめだったり、かためだったり。

それも含めて感想は、「常にパーフェクトに美味い!!!」

ママンは鷹匠小路で子供のころを過ごしました。
そのころから「たかみ屋」は、そこにあったのです。
盛岡市民の心のラーメン。

他のラーメン屋でラーメンを食べた直後、
たかみ屋のラーメンを恋しく思います。
それは見慣れた古女房の入れる緑茶のほうが、
美しい夜の蝶が作る水割りより、ホッとするのと同じ、かな?

重苦しい季節到来

先週土曜日から、今シーズンもはじまりました。
縁のない人は、なんのことやら、わからないでしょう?
そうです。花粉アレルギーです。
杉が有用だということは、仕事柄、とってもとってもとっても、
よ~くわかっています。
でも重たく黄土色にたわむ杉の葉先は、
なにかおぞましい悪霊の気のようです。
かんべんしてくれ。

コタロウの庭②

0903070002.jpg

あたたかいので、ツバキが咲いています。
いいねえ。

0903070009.jpg

コタロウです。太郎じゃないよ。
「こ」が隠れているの。

0903070007.jpg

コタロウ、ちびっこたちとお散歩。
自分より体はずっと大きいけれど、
コタロウのほうがお兄ちゃんだから、
理不尽でも、ぐっと我慢。
ボールをもらった時のmad dogはどこへ行ったやら、
おりこうさんのコタロウお兄ちゃん、健気。涙出る~。
えらいぞ!コタロウ!!

啓蟄でしょう、そうでしょう

0903040003.jpg

滝沢分かれ付近から見た岩手山です。
ここから見る岩手山もすばらしいです。

啓蟄でしょう?
そうそう、部屋の植木鉢からいろんな虫が出てくるのですよ。
暦を知っているのね。
コッピーちゃんの動きも活発になり、食欲も旺盛です。
この子、寿命をとうに過ぎていると思う。

3月のおはな2009

0903040008.jpg

水辺の水鳥の巣のイメージかな?
ミモザに続いて、黄色なのね。

花材は、
ミスカンサス,コデマリ,ひよこ色のスイートピー,ひよこ色のフリージア,
レースフラワー,ひよこ色のラナンキュラス,アリストロメリア

そして、メラルフォリア(?)がこれ。

0903040013.jpg

風に吹かれて乱れ放題という感じの花です。
はじめて知りました。おもしろ~い。

ラナンキュラスのラナはラテン語で「蛙」のことだそうです。
カエルがいっぱい棲んでいる場所で育つからだって。うふふ。
黄色のラナンキュラスの花言葉は「優しい心づかい」。


テクニック

むか~しむかし、まだ私が娘だったころの話。
当時なかよしだった男の子が、ドライブの後、
必ず何かを私の車に忘れるのでした。
「なんてルーズなんでしょ」と思い、そのとおりズケズケっと指摘すると、
彼はうるんだ瞳で(うそ)、
「わざと忘れてるんだよ、そうすればまた会えるでしょ」ですと。
そういう小技を知らない男らしい私は、ほほう~とえらく感心したものです。

さて、この前、献血した折、止血のために腕に回した、
ド赤のバンドをつけたまま帰りそうになり、
前回も持ち帰ってしまう失敗をおかしていたので、慌ててそう伝えると、
「そうすれば、また届けるために、献血にきてくださいますでしょ?」と、
白衣の天使様が、うるんだ瞳でおっしゃいました。
ほほ~う。

こういう技は生れながらの素質でしょうか。
私ももっと器用に小技をバンバン使えるようになりたい。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

02 ≪│2009/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音