くらかけ山の雪

友一人なく...

山納めは、薄日の差す午後、鞍掛山です。
水墨画のような山では、鳥の姿がよくわかります。
キツツキ系がコンコンいたよ!

スノーシューなしで、頂上までは無理でした。
ほどよい運動になりました。

0812310006.jpg

よいお年をお迎えください。


おはな納め

毎年、おはなのお教室の締めくくりは、
翌年のお玄関を飾る、最初のおはなです。

0812290003.jpg

なんにも考えず、力を抜いて挿していったら、
満足のいく仕上がりでした!自己満足ですけど。
うれし~。

MERRY CHRISTMAS!!!!!!

0812240064.jpg

高枝切りばさみは手に入りませんでした。
いい子にしてたのにィ~、ちっ。

そのかわり、小岩井の一本桜に雪の花のプレゼントget。

そうそう、私は真性サンタクロースからサンタクロース業務を委託されていたのだ。
ということで、自分のことはさておき、
庭の木に黄色と赤のリンゴをさしておきました。
ツグミやヒヨが喜びました。
ツグミのお宿に連れっててくれるかな?
それで、小さいほうのツヅラをおくれ。
ヒヨドリのお宿は、ご遠慮します。だって、やかましいんだもん。

サンタクロースさまへ

ここ数年、「高枝切りばさみ」をお願いしているんだけど、
サンタクロースは、幼子たちのことで手一杯らしく、
年増のプレゼントは後回しなんだよね~。
さあ、早く寝ないと。
いつまでも起きていたら、サンタクロースも来るに来られないよ。

冬景色

昨晩、ペチカの前で(うそ)、
「今年は暖冬だねえ。」と、サラファンを縫いながら(うそ)話していたのに、
まあ、どうでしょ~。

0812220003.jpg

銀世界です。クリスマスまで、残っているかな~?

やっと冬至だ

0812210001.jpg

0812210009.jpg

少しずつ日が長くなるルル~♪
カボチャの粥を少々と柚子のお風呂で、この冬を元気に乗り切ります。

逢魔が時

0812170002.jpg

うちの近くの四十四田ダム湖から西の空。
写真でみると、ちと不気味ですが、
実際はとっても神秘的な空だったのよ。

逢魔が時 ― 黄昏が進み、何となく胸騒ぎがする暗闇。

考えてみたら、岩手山が見える丘とか、夕陽をうつす湖とか、
こんないい所が近くにあるなんて、とっても、しあわせ。

身だしなみ

「かわずさん、そのボサボサのあたま、どうにかなりませんの?
髪は女の命よ!ほら、私は常にこうしてお手入れしているのよ。」

DSCF0080.jpg

(えっ?社長のそれって、髪だったの?
たしか社長はライオンラビットとかいう、たてがみのあるウサギだとか...
でも、パラパラっとしかなくて、たてがみというにはちょっと。
むしろ波平ラビット...
まあ、波平というからには、髪といえば髪か...)

「ちょっと!かわずさん。ブツブツ言ってないで、
私の言うこと聞いているの?」

「はいはい、聞いていますよ」

「ハイは1回っ!」

「はい、はィ...」

トロイカ

0812140012.jpg

冬の間だけ、愛車のアシュレイは“トロイカ”に名前がかわります。
BGMはロシア民謡。
せっかくなので、冬を満喫しないとね。

昨夜はギターのお教室の忘年会でしたので、
今朝は8時起床。
驚きの朝寝坊です。
なにが楽しみって、近頃は朝刊の小説が楽しみで、
夜、お布団に入るときに、
「嗚呼!明日の朝まで待ちきれないゼ!」と思い、
起きると何より先に読みます。
親鸞に熱狂しているのは、うちのママンも私以上で、
セリフまで覚えてるのです。
罪です五木先生。明日は休刊日だ~。

12月のおはな2008

今年最後のおはなの日でした。

0812100004.jpg

なにしろ赤が好き。そしてバラが好きよ!
プンゲンストウヒの匂いで癒され、疲れが取れました。
葉先の黄金色とか柊の赤い実とか、いいことありそうな。

吉日の証拠写真

朝日7

撮影 写真家320

吉日

今朝は、朝日をうつして茜に染まる雲から立ち上る虹の柱、
今夜は、大きな流れ星をひとつ。
いいことありそうな。

空色の風船

ご近所のコンビニが新装開店して、
なんと「飛ぶ風船」を配っているではありませんか!!!
とくに用はないけれども、どうしても「飛ぶ風船」が欲しくて、
食べたくもないけれどもシュークリームを買いました。

おねえさんに、「大人でも風船もらえますか?」と聞くと、
満面の笑みで「どうぞ、どうぞ!」と。
しかも、「お好きな色をどうぞ!」と。
おそるおそる、「この空色のをください」というと、
なんとおねえさんはコーディネイトして4つもくれたじょ~!!!!!!!

0812010003.jpg

でも、今こうしてみると、ファミマカラーなのよ。
私は体よくサンドイッチマンとして、あしらわれたか。
ひょっとして、いつものように「赤が欲しい」と言っていたら、
赤いの1つだったかもしれない。

「飛ぶ風船」は、夕方には「なんとか飛ぶ風船」になり、
翌朝には「ふつうの風船」になりました。
風船と花の命は短い。

湯たんぽ

お布団にもぐるとき、ふわっと温かいと幸せね。
長年、電気シーツを愛用してきましたが、
今年から地球にやさしく、湯たんぽにしてみました。
IHでも使える湯たんぽです。
でも私はお風呂のお湯を入れてます。
これがとっても心地いい~。
ほんのすこし、湯たんぽに助けてもらって、
後は自分の力で温かくしようとするので、
体にもいいんじゃないかと思います。
電気を帯びないので、肌の乾燥もふせげるのでは...
猫が布団を温めるって、こんな感じかしらね。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

11 ≪│2008/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音