9月の山は

真っ赤に染まる秋の三ツ石を思い描き、
2週間も前から楽しみにしていたのに...

前日の岩手山初冠雪で、もしかして...
と思ったら、案の定!

gentagadake2.jpg

雪山登山を経験しました。
写真で見ると「源太ヶ岳死の彷徨」って感じですが、
実は17名が連なって、和気あいあい登って、
とってもとっても、楽しかったです。

花や鳥を見ながら、じわじわ登るのはもちろんいいけれども、
こうして、ありんこのように、笑いながら登るのもいいねえ。
仲間に入れてくださって、ありがとうございました。

そして、「秋なのに白い山」でこそ!の感動は...
雪の中で色の冴えたリンドウ。

gentagadake1.jpg


早起きは三文の得

まだ明ける前に起きだし、ポットに熱い茶を詰めてGO!

少しずつ明るくなった北の空に、
初冠雪の岩手山を見ました。
5:30amのこと。

冬はつとめて。
雪の岩手山は言うまでもない。
え?冬?
たしか、まだ9月だったんじゃ...おおお!!

とにかく、初冠雪の岩手山を誰よりも早く発見し、
(いえ、実際には、わたしより早く朝刊太郎が発見したはず)
とっても得した気分です。

こんな小さいことを幸せに思えるなんて、ホントしあわせ。

ヒガンバナ

9月は友達を亡くした月です。
いつもニコニコして、100%の好意を惜しみなく寄せてくれる、
カスタードクリームのような女の子でした。
毎日毎日、面白おかしく、笑って暮らしました。
あんなに元気だったのに、
あっという間に病魔に侵され、
私が変わらず、ふわふわ過ごしているころ、
病院のベッドでお父さんに抱えられて亡くなりました。
息ができないくらい、魂をしぼるように泣きました。

higanbana1.jpg

彼岸のころに咲くから、彼岸花。

higanbana.jpg

別名は曼珠沙華、“天上に咲く花”です。
花言葉は「悲しい思い出」。
でも「また会う日をたのしみに」という花言葉もあるそうです。

また会う日をたのしみに。

楽しかった毎日も、悲しいお別れも、今は「なつかしい」になりました。
ありがとう、マキちゃん。
生きていた時も、お星様になってからも、
あなたは心休まる友達です。

今日はブログを始めてから3年目なので、
大切な友達のことを書きました。

秋分の日08

親孝行休暇という設定で、昨日お誕生日だったこともあり、
ママンサービスの日。
夕方は疲れ果て、自分孝行休暇ということにして、お昼寝というか、
お夕寝。
ぐっすり深い眠りをとって、しあわせね。

目覚めて窓を開けると、夕暮れの岩手山がきれいでした。
北斎の富士みたい。

iwatesan080923.jpg

ポーリッシュスピリット

polishspirit2.jpg

次から次へと咲いて、うれしい!!
これ、強剪定だよね?
氷の心臓の私でも、さすがに勇気が要ります。

犬の名前

うちの太郎ちゃんは、とってもかわいい茶色のシバイヌだったのよ。

家族以外の人に愛想の悪い犬だったけれども、
なぜか「ピンポーン」とチャイムを鳴らすお客様を、
スリッパをくわえて、「ヘイ!らっしゃい。」と出迎えました。
それで、態度の悪い犬のわりに、来客には受けがよかったの。

クロネコ宅配人のおやじは、そんな太郎ちゃんを、
「アカ、アカ。」と勝手に呼びました。
そう、ひとむかし前の人たちは、
茶色い犬(ばかりでなく、猫も)を、「アカ」といいますネ。


さて、この犬は「小太郎」です。
一部の人には「アカ」と呼ばれています。
胴が長くて、段差をうまく登れない犬です。
これから、たびたび登場する予定。
がんばれ、小太郎!

wonderfulkotaro.jpg

宮城蔵王

たびたび南蔵王に行っているのに、いままで「蔵王の御釜」すら見ず。
だがしかし、シーズンが終わってしまうよ!
山が呼んでいるよ!!

というわけで、3連休の中日。

katta2.jpg

こういう看板を見ると、ひるむ。
でも、わらわらと観光客がいるので、クマちゃんはもっと、ひるむ。

katta3.jpg

登り40分、下り30分のほどよいトレッキングで、
蔵王も制覇(?)だ!!深Q、ごめん。
別の機会に、必ず、熊野岳にも行くから許してね。

刈田岳の頂上からの眺望は、
月とか火星を思わせる。(行ったことないけど。)
下界は雲に覆われて、雨が降っているのに、
山の上空は晴れているのでした。

katta.jpg




魂を磨け?

山の上のほうに、テッセン(と敢えて言おう)が咲いていて、
おお!こんな過酷な環境で、すばらしい!!
と感動します。

野趣あふれる、こんな花↓

clematismtiw.jpg

もちろん山のモノに手を出してはいけませんので、
園芸種で近いところを惚れこんで購入しました。
植え替えたら、たちまち大きくなり、

polishspirit.jpg

咲いたよ!
ポーリッシュスピリットというクレマチスです。
まだまだ、たくさん蕾をつけています。
ポーランド魂ってこと?

9月のおはな08

ohana080910.jpg

すこしの間、お休みしていたフラワーアレンジメントも復活です。
嗚呼!楽しかったよ~!!

本日の花材。
トルコキキョウ 白とピンク
ファンタジアという名前のバラ
白いリンドウ
ユキヤナギ
デンファレ
スプレーカーネーション
そしてシンホリーカリポスっていう実。

逆T字とS字のミックスパターンです。
なかなか手ごわいことでございます。

CHAPTER 5 アンの身の上

38.早咲きの小さなバラ
39.あざみ
40.キャベツ
41.すいかずら
42.ライラック
43.すずらん
44.丈の低い樅

以上、のべ7種類。

名言は、
「あの花は、自分がばらなことをよろこんでいるにちがいありませんわね?」
「ばらが話せたらすてきじゃないかしら。」

ほんと、そのとおりだよ。

ところで、「もしバラが『あざみ』とか『キャベツ』って名前だったら、
バラのようにすてきじゃなかったと思う」とアンからは評判の悪い...
下の写真はその「あざみ」。

スコットランドの国花です。

0809060036.jpg

刺々しいのがいけないのかな?
花はきれいだと思うけれど。
それから、キャベツ。
原書では skunk-cabbage(スカンクキャベツ)で、ザゼンソウのこと。
ヘンな匂いがするとかで。
まあね、形もだるまさんみたいで、きれいではないかも。

少し早いですが、おしらせ

今年も、「水原洋記念演奏会」があります。
11月ですよ!
ということは、ひょっとして、アンコールには...

mizhara3rd.jpg


CHAPTER 4 グリーンゲイブルズの朝

27.桜(の花が満開)
28.大きな桜の木
29.一方はりんご
30・一方は桜(の大きな果樹園)
31.たんぽぽ
32・紫色の花をつけたライラック
33.青々としたクローバーの原
34.何十本もの白樺
35.下草はしだや苔やさまざまな森林植物
36.えぞ松や桜で青くけむったような丘
37.りんごあおい

以上、のべ11種類。

前の晩、絶望のどん底に落ちたアンですが、
きれいな朝、復活します。
「朝があるってほんとにすばらしいことじゃない?」
「でも、雨降りの朝も大好きなの。朝はどんな朝でもよかないこと?」
名言です。

りんごあおいって、なにかな~?と思い、調べたら、
“The Apple-scented Geranium”だそうです。
センティッドゼラニウム。マロウみたいな感じです。
アップルゼラニウムの花は白く小さく可憐。
欲しい。
なりりん、よろしく、なり。

写真はシダ。
ああ、秋になってしまった。
お花の写真のチャンスが少なくなっていくよ。

sida3.jpg

9月だ

夏の雲とちがう。
秋の空は穏やかです。

♪たそがれは風をとめて ちぎれた雲はまた一つになる♪
って、「秋の気配」のこの部分が好き。

カメラを新調したので空の写真を...
と思ったのですが、まだ使い方がいまいちで...

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

08 ≪│2008/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音