5月も終わりです

バタバタしながら、あっという間に5月も終わりです。
滞りがちな日記ですが、アイビー化計画主宰の名に恥じぬ勢いで、
庭のアイビーは新しい葉っぱを生み出していますよ。
がんばっているのは、私ではなくアイビーですが...

大きな花を咲かせる芥子も、もうまもなく。

mamonac.jpg

今年もニゲラ(=クロタネソウ)が咲き始めました。
まだ少し、色が薄い。

loveinthemist08.jpg


さて、来週の土・日曜日はノエルホーム建物完成見学会!
とても素晴らしい家に仕上がっています!!
楽しみ!!!!!



バジル間引き開始

なんとなく成長がいまひとつ...なのですが。
でも引き抜くと、小さいのに、「いっちょまい」な匂いがします。

お弁当はうれしい

いつになく、彩りよく、品数多いお弁当を作りました。

obento080523.jpg

お外でいただくお弁当はおいしい!
この季節だからこその幸せです。

小さな幸せ

駅のコインロッカーは300円。
たとえ10分だろうと23時間59分59秒だろうと。

今日、ほんのちょっとですが預ける必要があって、
コインロッカーを利用しました。
お金を入れると、200円戻ってきます。
100円玉をかえてトライしても、やっぱり200円戻ってくる...

ためしに100円だけ入れて鍵をまわしたら、
あっさりかかりました。なぜ?
ちょっと幸せ。

着々と

バジルが出てきました。
お日さまサンサンの窓辺で、「ハヤクオガール」の中の土もあったかです。
こんなにチビッこでも、つまむとバッチリ、バジルの匂いがします。

basil08-2.jpg

小鉢上げした朝顔は、雨がやんだので陽のあたる場所に出し、
メネデールを200倍に薄めて水やりしました。
それにしても、メネデールって...

わんさかモンタナ

一昨年、道路にはみ出していた、ご近所さんのクレマチスを、
「ブチッ」っと失敬して挿し木したのだそうな、うちの庭番のジイが。

wansaka2.jpg

わんさか咲いた。

そしてモンタナの不思議「ある年、いきなりザンと...」の通り、
ご近所さんのモンタナは今年なくなりました。

wansaka3.jpg

というわけで、我が家のを挿し木してご近所さんに里帰りさせる約束をしました。

wansaka4.jpg

ニッポン★クレマチス化計画はじまる。

wansaka5.jpg

小鉢上げ

ばっちり、マニュアルどおりに育てています、今年の朝顔。

kobotiage080519.jpg

タイミングをはかって小鉢上げ。

朝顔OK

2・3日、お日様が出たので、あさがお無事発芽。

me080517.jpg

バジルの土も盛り上がってきたので大丈夫でしょう。

卯の花

mitubautugi.jpg

どこに行ってもミツバウツギ(?たぶん)のいい匂い。
もう少しで、エゴノキも、ハクウンボクも、
やさしい匂いの花を、どっさり咲かせます!
白い花の季節です。

とまどいの青い朝顔

バジルのほかに、えいや~!と朝顔の種も蒔きました。

芽が出たら、ニッポン★アイビー化計画の活動に賛同してくれる仲間たちに、
お分けする約束をしているのです。
たとえば、ノエルホームの社長さんや、ノエルホームの顧問設計士である、
グウィネス・フジワラさん(仮名)に。

ああそれなのに、どうした?この天気!
芽が出ないうちにカビてしまう~!!!
秘密兵器のハヤクメーデルでも、この寒さには太刀打ちできない。
テルテル坊主を作ります。

とまどいのバジル

暑いくらいの5月幕開け。
八重桜のころに種を蒔くことにしているバジルは、
今年は早めにと思い、よし!と準備した矢先に、この低温だ...

様子見していましたが、本日種まき。
早く出ておいで。

basil08-1.jpg

野山レポート

すぐ近くにも、目の高さをかえれば、
ワイルドフラワーがあふれています。

ガマズミ。秋には赤い実がいっぱいなります。

gamazumi2.jpg

チゴユリ。
『赤毛のアン』に出てくる「去年の花の精にも似たスターフラワー」は、
日本ではツマトリソウじゃないかと言われているらしいけれど、
写真でみると、どうもこのチゴユリのように思います。
木の下に、ワッと咲いていると、星を散りばめたように見えます。
違うかな?確かめるには現地に行くしかない!ええ、いつか必ず!

chigoyuri.jpg

ヒトリシズカ。
瓶をワシワシ洗うのに使う、ブラシみたいな花(小人用)。

hitorisizka.jpg

イカリソウ。

ikariso.jpg

そして最後はホタルカズラ。
これこそ、青い星のような花です。

hotarukazra.jpg

ただ歩いていると見落とす花ばかりなり。
だが、しかしだ!小さくても、咲き誇っている

濃さを増す緑に心を奪われるのは、
その生命力にパワーをもらうから。それはたしかに。
でもそれよりももっと、
芽吹いて、花咲いて、実を結び、葉を落して準備して、
また芽吹いて...という決して裏切られることなく、
繰り返される営みに安心して抱かれたいから。
だから緑の中に入って行きたいのです、きっと。

朝の来ない夜はない。
春の来ない冬はない。
ほらほら、今年もちゃんと春は来た!寒いですけどね。







野に咲く花

5-9-2.jpg

野の花はかわいい。

花や木の名前は、わりと知っているほうだと思うけれども...

5-9.jpg

野の花はむずかしい。

山渓カラー名鑑『日本の野草』がたよりです。
これはたぶん「シャク」だと思うのだが...しかし、
ドクゼリだったら大変です。
なるほど、この微妙な違いが、命取りなのですね。

里山レポート 其の二

5-4-3.jpg

見上げると新緑!!
5月は、さすがの落葉松もうれしかりけり。

5-4-6.jpg

5-4-2.jpg

カタクリ。まだ、ちらほら残っているぞ。

5-4-1.jpg

シラネアオイがひそかに。

5-4-4.jpg

山桜は散りはじめ。

5-4-5.jpg

キブシは風にそよぐので、とぼけてしまいました。

わたしのまわりでは静かな登山ブームが来てます、来てます。
やっとその気になってきたわね。カモ~ン!
hisap、自主トレがんばれ!

里山レポート

4-30-8.jpg

4月末、カタクリを見に行って。

4-30-6.jpg

今年はさっさと春が来たので、水芭蕉のタイミングを外してしまいましたが、
ようやくここで見ることができました。
ほんのり青い、花の匂いがします。

4-30-7.jpg

オオサンショウウオの卵だそうな。
んん、孵化する瞬間を見たい。

4-30-2.jpg

カタクリはもちろん、

4-30-5.jpg

ショウジョウバカマも、

4-30-3.jpg

イチゲも。
それからこれは?

4-30-4.jpg

カタバミだと思うのですが...
今はオキザリスという名前の園芸種で、いろいろありますね。
野生のは可憐で、でも逞しさもあり、いいわ~。
枯れ葉の間から発見すると、宝石をみつけたようにうれしい!

4-30-1.jpg

それからこれは?エゾエンゴサク?
調べてみたのですが、どうでしょう?
知っている方、教えてください。
まだ青いお花が少ない季節なので、ハッとします。



大人の階段のぼる♪

5月に入って今さら~と言われそうですが、タイヤ交換をしました。
しかも、「おのれ」で!!
生まれてはじめて、誰の手も借りずに、自分でタイヤ交換をしたのです。

な~んだ、こんなカンタンなことだったのか~。

しかも「しだれ桜吹雪」の中で交換したので、とっても楽しかったのよ。
試運転なんて、ヘタなジェットコースターよりドキドキでウキウキ

もうこれからはパンクしてもJAFを呼ばなくて済みますね。
JAFさん、ガス欠のときだけ、よろしくね。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音