鬱金桜

ここに引っ越してきて十数年たちます。
嗚呼それだのに、蛙邸の回遊式庭園の片隅(うそ※)に、
鬱金桜(ウコンザクラ)が咲いているということに、今日気がつきました。

ukon2.jpg

アップしても浅黄色ということがわかりませんね。
ほんとは淡い緑がかった桜色です。

ukon.jpg

普通の桜色よりも、ちょっと高貴な感じがします。

※蛙家の道路を隔てて南に位置する公園です。

残念

ん~。
棟田にオリンピック、行ってほしかった。
残念だ。
「本当の柔道はこういうものだ」というのを、
世界に魅せることのできる選手だのに。
そして、なんともいえず、おじぎの仕方が美しいんだ。

春のごちそう

ukogi.jpg

季節限定、お空みいみい食べます。

1.若いウコギの葉をサッと茹で、刻む。
2.クルミとみそ大根を刻んで、1と和える
3.あったかごはんにかけて、召し上がれ。
4.しみじみ、しあわせを感じる。

蛙家回遊式庭園(うそ)レポート

sidare.jpg

花冷え。
長持ちしそうで、うれしいです。
この下で花見酒。

その後

あのイヤなものさえ取ってしまえば、
少し、もたれた感じはありますが、なんてことはないのです。
大事をとって大好きな「お粥」をいただき、
むしろちょっと幸せ。
痛んだのは胃袋ではなく、お財布です。
アニサキス自己申告で、
「ちょちょいのちょい」なのに、10750円っ!!!!!!!!!!
それを考えると、農業とか建設業とか、報われないよな~。

でも春です。愚痴を言ってはダメ。

行き交う車の中に、サクラの花びらをいっぱいつけたのがあります。
散り始めたところに雨が降ったから。
うらやましいので、自分の車も桜の木の下にとめて、
サクラまみれにしましたよ。


アニサキスな夜

今シーズンはサバの刺身が我が家のブームでして、
危ないよな~と思いつつ、食べていたのです。
そしてビンゴ。

昨夜のこと。
食後3時間ほどして、胸やけ感あり。
食べすぎかしら、早く休もう。と布団にもぐる。

それからさらに2~3時間後、胃を握られるような痛み!!
それは、思い出したようにやってきて、
眠りに落ちそうになると痛みが強くなり、目が覚めます。
ちょっとした拷問です。

気のせいだと思おうとしても、痛みは本格的になり、
はっきりと目が覚めた深夜。

そうすると楽天的な性格なので、
「ええい、眠られないや~。
じゃ、アニサキスについて、徹底的に調べよっと」
とパソコンに向かいます。

寝ぼけてはいても痛みの原因がアニサキスだという直感はあり。

ふん、相手(アニー)は丸腰だ!きっと熱に弱いだろう。
と熱い白湯を大量に飲んでみたり。
でも自分の舌と喉にツライ思いをさせただけ。
アニーはなにごともないように暴れます。

いろいろ調べてみても、結局何をしても無駄ということがわかり、
おとなしく胃カメラを飲みましたよ。
Dr.ケーシー・Y・高峰は「ほんとにアニサキス?」
と疑っていましたが、カメラで発見すると、
なんだかとてもうれしそうでした。
看護師さんたちも。
なによ、私は苦しいのに。

たった3センチほどの、糸くずみたいなこの生物に、
私の安らかな眠りを奪われていたのだよ~。
ピンクの胃は、かわいそうに炎症を起こしたのよ。

しばらくは、生の魚は食べたくない(かもしれない)。

高松の池レポート

tm8.jpg

tm1.jpg

今年も例年どおり、きれいです。

ところが、いつもと違うことには、

tm2.jpg

まだ白鳥さん達が居残っています。大丈夫?

カメは桜吹雪の大海を知っている。

tm4.jpg

されどカエルは、空の高さを知ってるのだよ!

sacrakenpak.jpg


tm5.jpg

ひなたぼっこのカメは自分の頭や甲羅の花びらを払うことが出来ない。
だって、手足が短いんですもの。

tm6.jpg

美白に気をつかうアヒルは木陰でのんびり。

tm7.jpg

巨大白鳥さんは子分のカモをしたがえ、パドリング。




四十四田レポート

44da4.jpg

南の横綱が城山なら、北の横綱は四十四田公園だ!
ん?北の横綱...?

44da1.jpg

44da2.jpg

44da3.jpg

44da5.jpg

44da6.jpg

城山レポート 2

満開です

mankai.jpg

城山レポート

つぼみはいよいよ...

sacracd.jpg

いつ、はじけてもいいぞ!という感じ。

山吹も負けずにカウントダウン開始。

yamabukicd.jpg

春の小川(北上川です)は、さらさら流れ、小魚もゆったり泳いでいます。
どこにいるか、わかるかな?

kozakana.jpg

岸のスミレや、

siroyamasumire.jpg

山桜は満開。

siroyamazacra.jpg


siroyamaohanabatake.jpg

なだらかな斜面には一面カタクリの花。アズマイチゲがちらほらと混じり、
夢のようなお花畑です。
なんてすばらしい環境でしょう!

石割桜も満開でした。
人も花のようににぎやかに、桜の下に群がっていました。
春はうれしいですね。

カウントダウンと終息宣言(?)

ここ数日、目のかゆみも鼻のぐずぐずもありません。
早く春が来たからか、スギ花粉も一段落?でしょうか。
それとも体質がかわったのかな~!そうだといいなあ~!!

城山公園の桜。
日に日につぼみがプクッとしてきました。
もうすぐだ!がんばれ!!

414sacra.jpg

肌寒いが...

だが、しかし!!
盛岡も桜開花宣言!!!早っ。

一週間後に満開予定。
気が早いので、去年の桜で一足お先に満開気分をどうぞ。

kaika.jpg



衝撃画像

岩手の人が愛する岩手山(=岩鷲山)。
この季節になると、盛岡から見て右肩に「鷲」が現れます。
ところが!

mtiwatecut.jpg

岩手山の真ん中から上が、シャキーンとなくなってしまったよ!!

車を運転していて、このショッキングな岩手山の様子に動揺しました。
そして落ち着け!あたし、と言い聞かせ、車をとめて撮影。
作った画像ではなくて、本当にこんな風に雲がかかっていたのでした。

ああ、晴れて完璧な岩手山をたしかめて、心から安心したい。
でも、しばらく天気悪いみたいです。

困った時の椿館 蛙版 その2

白椿を3つ。

シルヴァーウェイブズ。

silverw.jpg

ラブライト

lovelight.jpg

そして、白妙蓮寺。

hakmyorenzi.jpg


ぶち椿も、きれいです。

孔雀椿

kjaktubaki.jpg

春の台

harunoutena.jpg

台は「うてな」と読むそうです。

困った時の椿館 蛙版

なるほどね、それはいいアイデアだ!

ginsekai.jpg

銀世界


kagiri.jpg

限り


hatuarasi.jpg

初嵐


koganeyuri.jpg

こがねゆり


tukinomiyaco.jpg

月の都


wnan.jpg

ホワイト・ナン

そして最後は、大船渡の椿。

wyabu.jpg

白ヤブツバキ。やっぱりいいわ~。こんな野趣あふれる花。

これで15種類を紹介しました。
まだまだあります。

アオキ

紫波の現場近く。

aoki.jpg

タネがこぼれたからなのか、たくさんあります。
アオキです。日本固有の植物です。
雌雄異株ということは、実がつかないのもあるのですね、なるほどね。

幹も葉も、いつも青いのでこの名前がついた、とか。
園芸種は海を渡り、ヨーロッパでは観葉植物扱いだそうな。

コーヒーみたい...だと思う。
ちょうど今頃色づいてきました。

花言葉は「初志貫徹」「変わらぬ心」「若く美しく」。
ええ、胆に銘じます

モノづくり

今朝のNHKのニュースで、小さいながらも世界に名の知れた、
プラモデルメーカーとトヨタのことを取り上げていました。

そのプラモデルメーカーの仕事のすばらしさよ。
トヨタの技術者をうならせる作品。
そして、そのプラモデルを見つめるトヨタの技術者も、
子供のように、というか子供心を取り戻したように真剣で、
モノを生み出す喜びを知る者...といった感じでした。

ライン生産方式は、仕事を分けて担当するので、
職人的技量がなくても、短期間でマスターし、大量生産に向く。
とされていますが、
じつは、すべての組み立てを一人でしたほうが、
生産性が高くなるものもある...
と聞いたことがあります。
それは、達成感を味わうことによって労働意欲が増し、
さらに作業を覚えることによって、独創性が加わるから。

どんな人も「モノをつくる」ことが好きなはずです。
ただ、簡単に生み出されたものが巷にあふれているから、
自分で作ることをせず、
「つくること」を忘れてしまっただけ。
プラモデルを見つめる少年のようなまなざしを見て、
自分も子供のころは、へたでもなんでも、
作って楽しんでいたよと思い出しました。

今の子供たち、遊びのメインはゲームでしょう?
子供時代の貴重な「つくる喜び」を経験せずに育つとは、
かなしいですね。
そうそう、ニッポンの高度経済成長の原点は「モノづくり」だよなあ~。





イチゲ

99gami.jpg

現場近く。
春になって、野山を散歩する人とすれ違うことが多くなりました。
今日は、つくも髪のご婦人と行きあい、
春を思わせる口ぶりで、「おはようございます」と挨拶されました。
その直後、日当たりで、今年最初のイチゲを見つけました。

尊敬する石井桃子先生の訃報。
ご冥福をお祈りします。

今年も一番さいしょ

毎日がエイプリルフールの私は、
今日はおとなしく正直に過ごしました。

風が強くて、
40年近くも使っているブリキ(?)のじょうろが吹っ飛んでました。
かわいそうに。
回収して、飛んで遠くに行ってしまわないように、
しっかり押さえておきました。

去年よりもさらに早く咲きだした!チオノドクサ。
まだ2・3だけれど。

aprilf.jpg

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音