独活

udo.jpg

小さい花火がいっぱい上がったような花。
Q.さて、なんの花でしょう?

こたえ:独活

Q.独活。さて、なんて読む?

こたえ:ウド

「ウドの大木」というけれど、「独りで活きる」植物なのね。
大きくはなっても「木」じゃないのです。
だから、ウドの大木って言わないで。

とってもかわいい花で、しかもほのかにいい匂い。
黒く熟した姿も面白いです。
そんなわけで、お玄関に飾ってみました。

花言葉は「おおらか」。

suspicion

うそつきはきらいだ
うそにうそのうわぬりはもっといやだ
しあわせになれないのには、それだけの理由がある

月蝕

こんなにきちんと月蝕を見たの、初めてじゃないかしらねえ。
なんだか不思議な気分です。
妙に焦ってしまうのはなぜ?
ああ、月に帰らなくては!って思うのかな?やっぱり?

今年はペルセウス流星群も楽しみました。
睡魔が押し寄せてきたので、8コまで数えて、
「末広がりだから、良しとするか」とおしまいにしました。
今年のは短いのばっかりだから、
お願い事は無理でした。(長くても無理だけど)

数年前のペルセウス流星群、大当たりの年。
砂浜に寝転がって、長く大きく光るのをいっぱい見たのに、
「あっ!」とか「あ゛っ!!」とかばかりで、
“宝く*”の「」すら言えませんでした。

神様はそんなヨコシマな願いは聞いてくれないのですねぇ。

次の流星群は「ジャコビニ流星群」。極大10月9日。
おお、太郎ちゃんの誕生日だ!
がんばります!(なにを?)

...晴らします。

今日から建て方が始まりました。
「タシにならないなら、せめてジャマになるな!」と再三、
イジメられながら、それでも現場でウロチョロ。
だって建前、面白いんだも~ん!ワクワクします。

tatemae.jpg

棟梁ファンのみなさま、お待たせしました。
久しぶりの登場。
「腹、引っ込めて。はい、そのまま息とめて。」
レントゲンのような撮影。
(実際の腹はこの1.8倍くらいの状態です。)

さて、早朝激しい雨音で目覚め、
涙ながらに降水確率を聞いたチーム・ノエルの面々。
ところが!この男の存在を忘れていました。
日本一の晴れ男棟梁のことを!

「な、“さすが、オレ”だべ?
必ず晴らしてみせるのしゃ。」

ええ~、運動会、遠足、結婚式など各種イベントで、
晴れを期待する皆様に、
うちの棟梁をレンタルいたします。
ただし当社のイベント(地鎮祭や建前や福利厚生ゴルフなど)
を優先いたしますので、
ご希望に添えない場合もございます。
あしからず、ご了承ください。

処暑

暑さ止む。
蕎麦の花が白くてきれいです。
美味しい枝豆、

edabeen.jpg

秋茄子、とうもろこし。生産者に感謝。
秋刀魚もあぶらがのって美味しい!

お庭の花も秋らしくなってきました。
アメリカンブルー、暑さが落ち着いたら花芽を再びつける。

american.blue.jpg

今年の青い朝顔は2種類。
ヘブンリーブルーとフライングソーサーです。
絞りの柄、きれい。

flying.saucer.jpg

heavenly.blue07.jpg

双子トマト

近年、市場に出回っている細長いプチトマト、アイコ。

aico-aita.jpg

蛙家小規模農園で収穫した中に、双子のが混じっていました。
アイコ&アイタです。
トータルすると普通の形のとかわらないのに、
なんだか得した気がしますよね!
卵の卵黄なんかも。
「かわいい!かわいそ~!!」って言いながら、
パクって食べました。お、鬼!

それは自然の摂理なの。

以前はよく行ったイタリアンのお店に、
はて、何年ぶりでしょう???
4・5年ぶり?
お夕食をいただきにでかけました。

オーナーシェフのTさん、スマートな人だったのに、
貫禄とぜい肉がついて、見違えましたよ。
「痛風は職業病だよ」と嘆いていました。
だがしかし!
あちらはあちらで、いろいろ思うこともあったのでしょうね。
こちらを見るたびに、なによ、その含み笑い!
ふんっ。

ノエルホーム★ゴーヤー化計画

いやあ、暑かったですね。
ニッポン★アイビー化計画は非力です。
もっとがんばらなくては!
地球が熱中症だ...
お休みの間、家では「山下 清」的超クールビズで過ごしました。

今夏、ノエルホームの窓辺はゴーヤージャングル。
日よけ効果、ばっちりです。
しかも収穫→調理→摂取→夏バテ克服。
(いえ、克服までには至らない...こう、暑くては。)

noel-goya.jpg

ウルトラマンの宿敵っぽいビジュアル。
切り刻んでチャンプルーにして食べました。
ふっふっ、私の勝ちだ。

PICTAPS地獄

休みの初日に、こんな面白いのを見つけてしまったのです。
click here→ PICTAPS

自分で描いた落書きが、踊ったり、OH!って言ったり。
かわいいじゃないか~。
こんなものを知ったからには、ひきこもりになってしまいます。
悔しいので、みなさんでハマってください。

私の処女作「踊り狂う蛙さん」と共に、ご愛顧くださいね。↓
第2回作品 踊るロボット君

夏休み

ブログもしばらくお休みしようかな...?
気が向いたら更新するかも。
それではしばらく、「踊り狂うかわず」をお楽しみください。
(注:音が出るので寝た子を起こさないように。)

どうぞ↓↓↓
http://roxik.com/pictaps/?pid=a842975

立秋 追記

脳内メーカー、本名では全部「食」だったのです。
それでためしに「蛙啼音」でやってみたら、

ぎっしり「金」のみだった~!

死んでしまいたい気分だ。

B3BFD3C6B2BB.gif

立秋

残暑お見舞い申し上げます。
なんだかおかしな天気です。
秋の長雨のような雨降り。
今年はまだ「南国白くま」も「ジェノベーゼ」も食べてないのに。
夏、終わってしまわないで~!!

そうそう、脳内メーカーで私の頭の中見たら、
ぎっしり「食」の字だけで埋めつくされてた。
あ~あ~、やっぱりね~。

そうそう②、あのなつかしの「ボンタンアメ」、
「南国白くま」と同じ会社の商品よ。
すばらしいわ!

ダーチャが欲しいよ 4

ロシアにおける野菜の国内生産の8割が家庭菜園なんですって!
ジャガイモの9割は、それぞれの家庭で、ダーチャで、
収穫したものなんですって!!
すごいでしょ~!!!!
ダーチャは旧ソ連時代、国民に無償でわけ与えられた土地。
今もその習慣が残り、週末はそれぞれのダーチャで、
野菜づくりに励みます。

日本の食糧の自給率(供給熱量)はたったの40%
米以外のほとんどの食料は、外国からの輸入に頼っています。
それなのに、飽食、偏食。
このままではバチがあたりますわよ。
多くは中国からの輸入だけれど、
ね、そのとおり不安。

そうだ!ニッポンも今こそ、ダーチャを持とう!
週末は家族や友人と、冬に備えてアリさんのように、
せっせと野菜を作るのはどうでしょう。
ガーデニングから、もう一歩先へ!

ノエルホームダーチャ事業部、開設。

outlaw

sunf.jpg

現場の近く、ひまわり畑を発見。
みんないっせいに、太陽に向かって咲いていて、
なんと前向きな花だろう!
と思いきや、
ヒマワリの世界にもいるのね。
あさってを向いているのが。
朝礼のとき、落ち着きがなく、
先生のお話を聞いていられない、
小学生のわたくしを見ているようで、切ないわねえ。

嵐を呼ぶ女

今回の台風5号はアジア名を「USAGI(ウサギ)」というそうです。
そうね、ウサギは、か弱い動物と思っていましたが、
うちの社長(新社長のこと。前社長は、今はあくまで社長代行で。)は、
気分が乗ってると、大暴れしてますものね。

さて、
国民的朝のテレビドラマ出演中、鈴木蘭々ちゃん、おめでとう。
「武士の一分」でキムタクの美しい妻を演じた、檀れいさん、おめでとう。
強く、美しい元女子アマレスリングの山本美憂さん、おめでとう。
聡明なジャーナリスト、江川紹子さん、おめでとう。
あどけない顔で一本勝ちがあっぱれな、谷本歩実ちゃん、おめでとう。
あら、
気が付くと、すてきな女性が多いじゃありませんか。

そうそう忘れてました。
お誕生日、おめでとう!あたし。
この年になると、「よく成長した」お祝いじゃなくて、
「よくもまあ、ご無事で」の意味合いが強くなってきましたね。
個人的には、ロジャー・クレメンスや、
サッチモとおんなじ誕生日ってのがうれしいです。

アリギリス

蟻かキリギリスか?と聞かれたら、
私はどちらかというと蟻です。
貧乏性なのです。
朝早いし、ただボーっとテレビを見るなんてできないし。
キリギリスが遊んでいる間に、
「ふっ、バカめ。やがて冬が来るよ。」と意地悪く思うタチです。
でも本当はキリギリスに、ちッと憧れている。
せめて、アリギリスになりたいものだよ。

八月!

カレンダーをめくると東北地方北部も梅雨明け!
金と緑の季節到来!

仕事帰り、青々としているはずの田が、
夕日を浴びて金色に光っていました。
豊かな実りを象徴するような光景でした。
食いしん坊、ばんざ~い!

blackberry.jpg

7月はじめに撮影のブラックベリーの花。かわいいィ~。

blackberry2.jpg

今はこんな感じ。
もうすこしだ、がんばれ。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

07 ≪│2007/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音