さくら2007 其の弐

朝、カミナリで飛び起きて、半分寝ぼけたまま、
コンセントというコンセントを抜いた!
ふう~。なんて朝だ!

sacra-iwatekoen3.jpg

昼。岩手公園界隈へ用足しに。
サンサン陽を浴びて、桜もイキイキ。

sacra-iwatekoen2.jpg

石垣もイキイキ。

sacra-iwatekoen.jpg

GWには満開でしょう。

そして夕方。
家への道のり、どんどん坂を上ると、吹雪じゃないか!
なんだい、この天気!

さくら2007

今年は一足お先に東京で桜を楽しみました。
そしてやっと、よっ!待ってました、盛岡も開花。

今朝は早起きして石割桜を堪能。
小雨そぼ降る早朝の官庁街は静かでいいですよ~。
ちょっと異空間の感じがします。

sacra-ishiwari.jpg

sacra-ishiwari2.jpg

雨に濡れた花。可憐ですねえ。

sacra-ishiwari3.jpg

桜色リース

なにかが取り憑いたように作りたくなる~。

pink-hana.jpg

それで4月にピッタリの桜色リース。

いいわけ

いいわけをするとですね。

あまんきみこ先生の名作『車のいろは空のいろ』には、
人間に姿をかえた山猫やキツネ、クマなどが出てきます。
熱烈に愛読書だったので、子供の頃からちょっと変わった家や人を見ると、
「人間ではない何者か」が住んでいるに違いないっと、
思い込む癖があるのでした。
いい年して、アタシが一番「人間ではない何者か」だわね。

中学生のころ。
通学路に、新興住宅地だというのに、
自然な感じで木立が出来ているお庭の、すてきな家がありました。
例によって「ここには人間の姿に化けたクマが住んでいるよ。」
と思い込みました。
あまんきみこ先生の「くましんし」の影響です。
クマの紳士は人間界では熊野熊吉です。
なんどもピンポンしてたずねようと思い、あきらめ...

でもある日、勇気を振り絞って小道を抜けて、
「クマ紳士」の玄関の前に立ちました。
ふと表札を見上げると、

「熊田」

あ゛あ゛あ゛っ~!やっぱりィ~!!

そのまま怖くなって逃走。真実は闇の中。
あれから何年もたち、クマ紳士は故郷の知床へ帰っていって、
今は別の方が住み、
ふつうの庭のふつうの家になっています。

って、なんの「いいわけ」になっているの?


ドラキュラハウスの真実④

いやはや、ほんとにオチはないんです。
ごめんなさい。

怒らないって約束して「つづき」をどうぞ。

[More...]

ドラキュラ譚 番外編

いえ、ただ献血をしてきたって話です。
しかも400ccも!
牛乳瓶で2本分ってことですよ!!!!

今日はご近所にドラキュラバスがやってくるので、
早退(?)させていただき、
血液を必要とする同志(B型仲間のこと)のために、
献血してきました。
血圧がガッーと下がったら怖いので、
近所にドラキュラバスが来たときしか献血できないのです。

血液比重を調べると、毎回「立派です!」って絶賛される!
ふだんあまり褒められることがないので、
とってもうれしいんですが、
どう立派なのかしら~?
男らしいってことかな~?

献血が趣味だなんて、わたしにもドラキュラの素質あるかも...
好きな色が「赤」ってのも。
今宵は私の体内から牛乳瓶2本分の血が失われたので、
ボーっとします。
よって、もう寝ます。
明日はレバニラ炒め食べよお!

さて、
ドラキュラハウスは期待させたらゴメンなさいねぇ~。
ほんとにたいしたオチもないのですよ~。
だから一呼吸置いてみました。



ドラキュラハウスの真実③

ドラキュラ疑惑は晴れたものの、
1.なぜに夜中、行動するのか
2.なぜに2階だけで、生活しているのか
3.なぜに栗毛色の髪なのか
4.なぜに留守がちなのか
5.1階においてある器械のようなものは一体...
など、多くの疑問が残り、ドラキュラハウスへの好奇心はさらに高まります。

いろいろ推理した結果、一番もっともらしいのは...

1.彼は画家である
2.彼にはフランス人の妻子がある
3.1年のうち半分は南フランスで暮らす
4.夜、フランスの家族に電話している
5.葡萄畑を持っている
6.水分はワインで補給する
7.1階はアトリエになっている
8.器械に見えたのはイーゼルである
9.大統領選に高い関心を寄せている
10.フランスは選挙ポスターも洒落ている

と、私の妄想はドンドン膨れるのでありました。

とってもおしゃれな方なので、それ以外の推理はともかくとして、
職業が画家である点には、ものすご~く自信がありました。へん?
どんな絵を描くのかな~と、
通るたびにジロジロのぞくので、そのうち不審者として通報されるかもしれない...

そんなある日、

        つづく(続けるほどのことでもないんだけど。)


ドラキュラハウスの真実②

ドラキュラの家の1階はブラインドが下りていて、中が見えません。
でも陽光の角度によっては、うっすら何かが見えます。
器械のようなもの...
ひょっとして、ミイラ製造機...?
(いえ、ドラキュラはミイラは作りません)

通るたびにジロジロのぞくので、そのうち不審者として通報されるかもしれない...

と、そんなある日、ドラキュラハウスから一人の男性が出てくるところを目撃!
ドラキュラ、昼間の光の中でも大丈夫なんだ!!

さすがトランシルヴァニア出身だけあって、色白で髪は栗毛色。
白いシャツ、白いパンツにピンクのセーターを着た50代前半のニッポン男性でした...

というわけで、足も2本見えたので(ドラキュラにも足はあります)、
私の中のドラキュラ伝説はジ・エンドとなりました。

              つづく(続けるほどのことでもないが。)

ドラキュラハウスの真実①

徒歩5分圏内にミステリアスな家があります。
なかなかいいデザインの家なのですが、
生き物の気配がない...

ある真夜中のこと。
ほろ酔い気分でタクシーに乗って帰ってきたところ、
例の家の2階に灯りがついているではないか!
タクシーの運転手さんとして、
「あそこ、住んでる人がいたんだねえ」と話していました。
運転手さんの間でも、やはりミステリアスな家、という噂らしい。

それからというもの、その家と住人のことが気になり、
通るたびに見るのですが、
昼間は人の気配がなく、
ごくたまに夜に2階の灯りがついている...
かならず、なぜか2階...

それで、ドラキュラが住んでいるかもね~と、
ひそかにドラキュラハウスと呼んでいたのでした。

                 つづく

庭に咲く一番最初の花

庭のチオノドクサが今年も咲きだしました。
去年より10日くらい早いかな~?
これは学校を卒業して最初に就職した春、
職場の近くに店出ししている行商(?)のおばあちゃんがいて、
その方から買ったものです。
慣れない環境で緊張していて、ちょっと物悲しい気分のとき、
まだ色のない盛岡の早春に、このピンク色。
「希望」に見えたのでした。

yuki-no-homare.jpg

新知事さんへの手紙

県条例で、ニッポン★サクラ化計画を定めてください!
お願いします。

つまり、開発許可に、

一、300㎡未満の公園・緑地にはソメイヨシノ1本を植えること。
一、1000㎡以上の公園には、300㎡当たり1本のソメイヨシノを植えること。

を盛り込む。
さらに既存の公園・緑地において樹木に余裕のある場所には、上記を適用する。

ソメイヨシノが老齢化して、今のような春の景色がだんだん減るかもしれない...
と言われてますね。
だから、少しずつ苗木を植えていきましょ!
桜は大木になるから一般の家庭では、なかなか難しいので、
公園とか校庭とか県の施設とか、そういうところで増やしましょうよ!

そしたら、
♪白雲の浮かぶ果てまで はろばろと桜色の国原~♪になって、
苗木たちは貴重な観光資源に成長してくれます。
どお~?
わたしのこと、サクラ化計画推進準備室長に任命してみない?
お役にたちますわよ。



シロクマちゃんを救え!

とくに理由はないけれど、ぎりぎり午後8時前に投票に行きました。
疲れ切った係の人に「お疲れ様です!!」って言いごたえもあるもんだ。
(へんな日本語だ。)

選挙のたびに思うのですが、どうして投票所に車で来るの?
たいてい、小学校とか中学校でしょう?
子供が通える距離なのに。
もちろん、仕事の途中、用事の途中、体が不自由だ、
などの理由は認められるけれど、
投票だけの目的なら、歩くべきだ。
歩いたら、気持ちいいですよ!

だからといって、自動車の乗り入れを制限したら、
もっと投票率、落ちるだろうなあ...

北極の氷がドンドンとけて、シロクマちゃんの居場所が失われている!
狩りが出来なくて、氷の岸にたどり着けなくて、
冷たい海に何時間も何時間も浮かんだままのシロクマちゃん。
泣いたような顔のシロクマちゃん、哀しい。
ごめんね。

私はできるだけ地球の負担にならないように心がけることを誓います。

桜月夜

「こよひ逢ふ人 みなうつくしき」

東京都庭園美術館での大萩さんのプレミアムライブ。
クラシックのコンサートを「ライブ」というのには、
ものすご~く抵抗があるのですが!

夜の庭は神秘的。
コンサートを楽しみに会場へ急ぐ人たちは、
みんなすてきに見えるのでした。
それも夜桜の魔法?
それとも王子さまの舞踏会へ行く娘さんのように、
ドキドキしているからかな?

yozacra.jpg

波しぶきのように見えるのは、外灯に浮かび上がる桜。

私とウィノナ(仮名)は不謹慎にも、
時間まで近くで一杯「ひっかけて」ました。
ダメです、そんなんじゃ。
身を清めて正座して拝聴するくらいじゃないと!
だからギターの神様に見放されてるのです、あたし。

初詣

なにを季節外れな!
でも今年最初の寺社参りになったので、やっぱりコレが初詣だ!

taisyakuten.jpg

帝釈天。
『男はつらいよ』の監督の名前が出るあたりって、こんな角度だったかな?

toraya.jpg

第一話から第四話までを撮影した「とらや」さんで草ダンゴを買って、

dango.jpg

いいっくらい食べてから、「ああ、写真、写真」って撮るのです。
いつものことですが。
パブロフの犬並みです。
今回は、1つ残ってたから、まだいいほう。

nyanya.jpg

全然逃げない看板猫。

4月のおはな

あっという間に4月です。
花冷えの東京は雪が降ったとか...。
桜、かわいそう。
でも「桜に雪」、盛岡では時々あることです。
残酷な私は、かわいそうといいながら、
そういう状況にちょっとしたエクスタシーを感じる。へ、ヘンタイ?

フラワーアレンジメントは、これまたちッと、残酷に思う。
ことに今回のような基本形は。

hana-apr.jpg

使った花材は、
バラ,フリージア,スイートピー,天文草,ユーカリ,
ナルコユリ,デルフィニウム

hana-apr2.jpg

バラは薄いピンクですが、花びらの外側のほうだけ、きみどりがかってます。
清楚なのに色っぽい、という感じ。

4月の雨

“Dreams Come True”はあまり好きじゃないのですが、「4月の雨」は好き。

♪素敵ね 呼吸始める 春と生まれたの♪

今日から4月。桑田真澄のお誕生日です。おめでとう。
♪愛したあなたのBirthdey~♪

今年のカレンダーは、KAERU NINJAさんのカレンダー。
4月は「カタクリの花とカエルちゃん」です。かわいい~。

エイプリルフールには、いつも決まって、

相手の口元を指差し、「ご飯粒、ついてるよ!」
お約束どおり慌てたら、「うっそピョン!」

子供の頃から、ずっとずっと繰り返してる古典お茶目です。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

03 ≪│2007/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音