太郎物語 第十二話

雪がいっぱい降ったら、「雪の日の太郎ちゃん」のことを書こう!
と思っていたのに、降らないまま2月もおしまい。
だから今日は無理矢理、久しぶりの太郎物語です。

まだ私が学生さんだった頃。
地元紙の「まっ茶むぎ茶」(仮名)の“記念品”って、何かな~?
という好奇心から、応募したことがあって、
そのときスラスラ書けそうな「お題」って、やっぱり犬のことだったのです。

タイトルは「たろうの話」。

わが家の愚ペット太郎は、シバ犬、オス、五歳である。
五歳というよりは五つ、ルビをふるなら「いちゅっちゅ」というところだろう。
犬コロなのに、家族が猫かわいがりしたものだから、
本当は高貴な家柄の出にもかかわらず、
すっかり愚かしい犬になりさがってしまった。

どのくらい高貴な家柄かというと、大祖父に日本犬保存会の大会で
大臣賞を二度も受賞するという快挙を成し遂げた犬を持つ家系なのである。
太郎も端正な顔立ち、気品ある体躯を備え、シバ犬界に華々しいデビューを飾った。
しかし、その研ぎすまされた純血ゆえに、歯を一本欠いてしまい、
大会では通用しない身となった。
かくして太郎は、ただ、かわいいだけが取りえの愛玩犬となったのである。

太郎はまったくだらしない。
彼は世の中の犬たちの例にもれず雪が大好きで、
水気を含まないサラサラの雪を胸のところでグイグイ押し分けて走ったり、
飼い主の一方的な勝利に終わる雪合戦を楽しんだりする。
ところが朝晩一時間ずつの散歩でそれにもすぐに飽きてしまい、
雪をかきわけて歩くのが億劫になって、
飼い主が歩いた長クツの後を上手に選んで、労せず前進するのだ。
結局、新雪に足を踏み入れる感動を味わうのは飼い主ばかり。
太郎は当然の顔をしてついてくる。

この前、ドライブにでかけた母と私は、冬景色の美しさに有頂天になり、
そこがはじめて来た野山だということも忘れて、
考えなしにもはしゃぎまわってしまった。
太郎も一緒になってそこらじゅうを駆け回っていたが、
ふと気づくとあたり一面真っ白で木が生い茂っており、
車を止めた場所がどこなのかわからない。
こんなところで遭難するのかと情けなくなり、試しに、
「太郎、車はどこなの?」と聞いてみた。
すると太郎は、かしこいリスのような目をくるっと光らせて、
「こっちだよ」と言わんばかりに駆け出した。
三角の耳をピンと立て、身をキュッとひきしめて、
おそらく車への最短コースと思われる道なき道をたどる太郎の後姿は、
いつになく頼もしかった。
太郎は一度来たことのある場所ではもちろんのこと、
はじめての場所でも迷わず歩くことができる。
本当にシバ犬の帰巣本能には驚かされる。

もう少しするとヒバリが鳴き、桜が咲き、太郎にとっても楽しい春が来る。
山菜採りには、いつもお供として連れてゆく。
甘えん坊ですこし情けないけれど、かわいいヤツだし、
三百回に一回くらいは役にもたつ。
やはりわが家には欠かせない、大切な家族だ。

taro21.jpg


それで、じゃあ、記念品がなんだったか...
ということですが、何だったか思い出せないのですよねえ。
でも、ずっとず~っと後、すっかりそんなことを忘れていた頃に、
やっと届いたという記憶はある~。

ちなみに太郎だけじゃ次郎(インコちゃん)がやきもち焼くだろう。
と思い、「じろうの話」もあるのです。
取っておいた新聞紙がボ~ロボロだから、
そのうち「じろうの話」もアップしておきましょ。

こぶしの花

私の住む町の街路樹。
いっぱい蕾をつけているのと、全然つけていないのがあります。
毎年バ~ラバラ。コブシです。

mocren.jpg


春早く、白い花がいっぱい咲いてきれいです。
春が来たな~って実感します。
もう少しだ、がんばれ!

花言葉は、「友情」。
だからというわけではありませんが、
今日のランチは10年来の友人とともに。
10年だよ!10年!!どうするよ~。hisap&shima!

小人のバラ

暖冬とはいえ、まだまだ雪もとけず、寒い2月の盛岡ですが、
DIYの店先には、露地植えのお花が並びはじめました。
うれしい!!

心ひかれて、買っちゃいました。
ミニチュアローズ。

rose-kobito.jpg

花がとってもとっても小さくて、小指の爪くらいしかありません。
小人の国のバラ。
説明書がついていたのでメモ。

■MEMO■

・花が咲き終わったら五枚葉の上でカットしてください。
咲き終えた花を切り取れば、年中新しい花を楽しむことができます。
・翌年の2~3月頃、土上5cmくらいで切り落としてください。
・冬は霜や雪にあてても、大丈夫です。

AQUARELLE

ギターの王子様、大萩康司さんの新譜“アクアレル”
このなかに収録されている映画『夏の庭』より「思いで」。
とっても好きな曲で、新譜の内容を知った時から、ワクワクしてたのです。
大萩さんの「夏の庭」は、純粋で誠実な人柄が滲み出る演奏です。
王子の称号にふさわしい!
これからしばらくは、ドライブのお供です。
一番音楽を聴く時間って、車に乗っている時間。
仕事柄、移動が多くてね~。シアワセ。

aquarelle.jpg

いまさらこんなことを言うのもなんですが、
ほんとにハンサムだわね~。
そればかり取り沙汰することに人一倍腹をたててきた私ですが、
実際、美しいんだもの、しかたないですわ。
今回は、「手」のアップの写真が多くて、
妙に興奮してしまいました。ヘ、ヘンタイ?
いえいえ純粋に、「演奏家の手」とか「職人の手」とか、
何かを極めた手って感動的です。

復活!

今日からFC2で書き始めます。これからもよろしくお願いいたします。

まだ、お引っ越しがすべて終わったわけではないのですが、
すがすがしい気分です。
ドリコムは簡単でよかったんだけど、
こうして他に移ってみると、とくに面倒なこともなく、
むしろ便利な機能がいっぱいついていて、
サポートからの返信も早いし、
「井の中の蛙」だったわ~。

今回のテンプレートは題して「青い朝顔へのレクイエム」です。

ドリコム騒動

騒ぎは、ある意味、終息に向かっている...
週明けの運営者の対応を見たユーザーの多くが、
移転・退会の決断をしているから。

寄せられるコメントを見ると、
この3日間のユーザーの心理の変化が読める。
ドリコムがどこかの大学の心理学科と共同で、
実験しているんじゃないかって気すらしてくる。
私達、被験者(ユーザー)は、ただただ振り回されている。

ブログを始めたきっかけは、ひとつ。
この青い朝顔のスキンが美しかったから。
ただそれだけなのに、このくらい書き溜めてくると、
愛着が湧いてくる。
ドリコムは、その大切な自分だけのスペースに
土足で入ってきた。
かわいい自分の子供に、わけのわからない企業名の
刺青をされたよう。

残念だけれども、わたしも新天地を探して、
近々お引っ越しをします。
ユーザーというより、
ファンという感じに近かった利用者を裏切ったドリコムは、
そのうち高い代償を払うことになるでしょう。

賢明な皆様。
ドリコム株を買うのはお控えなさい。
いいことありませんよ。


ドリコム炎上!

ドリコムの運営者ブログは、騒動から2日たっても、
大変なコメント数になってまして。
これまでにも、こんな騒ぎは度々あって、
「荒らし」も多いけれど、冷静な意見も勿論あり、
ドリコム擁護の穏健派もいたけれど、
今回に限っては100%、現状回復を願うか、
あきらめて他へ移るといった声。
私は...というと、
とりあえず、規約破りかもしれませんが、
ドリコムによる“スパム広告”(と、敢えて言おう)を、
サイドバーへ追いやることに成功したので、
もうしばらく様子をみようと思います。

面白いブログを見つけました。  こちら
愛が憎しみにかわると、こわい...

ということで、どんな状況でも誰に対しても、
誠実でいるように心がけたい。

狂ったドリコム

本日からいきなり、記事の下にブログ広告が掲載された。
なぜ?
わたしの記事と、なんにも関係ないし、
わたしが好き好んでリンクしたわけでもないですよ。
どうしちゃったの?ドリコム。
出来の悪い子ほど可愛いって、
ダメダメな頃から、あたたかく見守ってきたつもりなのに。
KAERU NINJAのスキンがあるところに、移ろっかな~。

雪パニック

雪で交通が麻痺して、車が同じところに15分も停まったまま、
少しも進みません。
こういうとき、「先頭の車、なにしてるのかな~?」って、
みんな、思うでしょ?
「こんなに動かないんじゃ、道路占用許可とらなきゃ、
まずいんじゃないニョ~?」とか、
「この時間をギターの練習に充てたら、
もすこし、マシになるんじゃないニョ~?」とか、
「でもギターは大きすぎるから、
ウクレレにしようかニャ~?」とか、
くだらないことをウダウダ考えていると、
いつのまにか目的地に着いてます。
意外と渋滞も苦痛じゃなかったり。
どうせだから雪、楽しまないとね~。
そんなわけで、作ってみました。
うさこちゃん。

usaco

super size me!!!

もひとつ、お見舞いのお花について注意事項。

③赤は興奮する色なので避けて、
淡い優しい色合いの花を選びましょう。

どこまでもタブーに挑戦する保険屋さん。
アグレッシブなので、てっきり、
男性だとばかり思っていましたが、
社長の証言によると女性だそうです。
シクラメンの花言葉、ほかには、
「切ない私の想いを受けてください」ってのも、
ありましたよ。ほっほう。

それにもかかわらず(?)、保険屋さんの企みにも負けずに、
社長のガラスの腰は、少しずつ回復しているようです。

私が代わって現場報告を。
今日は最後の仕上げ、ハウスクリーニングが入りました。

soji2

soji

プロの技は、すばらしい!
そもそも道具が違うのです。
クリーニングの知恵は、ふだんの生活に応用がきくので、
見ていてとっても面白いのです。

世間はヴァレンタインですか。そうですか。

そんなことはおかまいなしの私はお昼に、

mac

mac2

メガマックを頂きました。だって食べてみたかったの。
おいしくなかったよ!
「いっぱいだったらいい」という問題じゃないですよ。
それで今も胃もたれして、気持ち悪い~。自業自得~。

まるで春が来る一歩手前のような雪。
メガマックの腹ごなしに雪かきをしました。

「岩手公園」ではボランティアの方々(?)が、
木についた雪を落としてました。
こんなに水分含んだ雪だと、枝、折れちゃいますものね。

ameyuju

事務所の情景3

一昨年、社長が入院したときのこと。
保険屋さんが、お見舞いを持ってきてくれました。

それが、これ。

cyclamen

シクラメン。
♪恋するときの君のようです♪
サンサン陽の入る事務所で、今年もいっぱい咲きました。

ええと、お作法の本には、

①お見舞いの時は、鉢物は避けましょう。
“寝つく”(根つく)といって縁起が悪いとされています。

②シクラメンは「死」や「苦」を連想するので、
お見舞いのお花には適しません。

などと書かれています。
わたし個人的には、お花だったらなんでもうれしいですけどね~。

でも、この2つのタブーに敢えて挑む保険屋さん。
彼の真意はいったい...?
そして、この花を贈られた社長の運命は、いかに。

1・2日の入院で石を(絞り)出し、その後は、
「四十肩だじゃ」とか、「風邪ひいたじゃ」とかはありますが、
わりと元気です。

ところが!
数日前、ギックリ腰になったじゃ。
シクラメンのたたりか?
それで午前中、検査のために病院に行ったので、
わたし一人の事務所は穏やかで、
ゆっくりやさしく時が流れて、
シクラメンたちは笑いながら咲いて、
てきぱきテキパキ仕事がはかどりました!

そういう私を、社長は「非情だ」と責めます。
そお?

さて、古代ローマでは、シクラメンの地下茎には、
ヘビに噛まれた傷を治す力があると言われ、
お守りとして庭に植えられていたそうです。
そうか、だからシクラメンをくださったのネ。

赤いシクラメンの花言葉は「はにかみ」。
はにかみ?honey coming?
えっ?そお?
注)ちなみに保険屋さんは男性です。

特技① 眠りの不思議

どちらかというと、のびのび太君のように、
1・2・3!グーと眠りに入れるほうです。
これは履歴書の特技の欄に書きようのない、
わたくしの才能です。

でも、眠りが浅くて、
起きている間は「ガサツでズボラ」と言われますが、
眠っている時は、気の弱い草食動物のように、
ちょっとした物音で目が覚めるくらい神経質です。

また、起きている間は「ガサツでズボラ」と言われますが、
寝ている間はおとなしいようで、
眠りはじめは、「うつぶせ寝」なのに、
起きるときはまっすぐきちんと仰向けです。
お布団も乱れることなく、掛けた状態です。
これは履歴書の特技の欄に書きようのない、
わたくしの才能です。
「仮眠」となると、5~10分でカラッと爽快な目覚め!
1時間以上お昼寝する...なんてことはありません。
これは履歴書の特技の欄に書きようのない、
わたくしの才能です。

薔薇屋敷(予定)

今朝目が覚めて、ふと手のひらを見ると、
いつもより「運命線」が太いではないか!

手相のこと、ぜんぜん知らないのですが、
わたしの「運命線」って妙にはっきりしてるので、
「これは強運の星の下に生まれたに違いない」と
勝手に思い込んでいます。
さらにそれが強く・濃く見えた今朝。

これはきっと「夢の家」GETの日も近いということね!

というわけで、夢の家は、さまざまなバラで、
覆い尽くされる予定...

hana-feb3

一昨日のバラをじゃんじゃん「さし木」しました。
ダメでモトモト。
うまくいったら、希望者にわけて差し上げますわ!
ニッポン★薔薇化計画はじまる!
(↑取りようによっては、ちとマズイ?)

2月のおはな

今年もおはなのお教室がはじまりましたよ!!うれしい!

hana-feb2

ヴァレンタインアレンジです。
ブーケになっています!

なにしろ赤が好き。
バラ3種類と、真紅のアリストロメリア、つぶつぶのお花はキシミア。

hana-feb.jpg

花びらにビーズをつけていますが、
写真ではキラリとしてくれないので、
虫かなんかがついてるみたいじゃないか。
んん、残念。

事務所の情景2

ぽかぽか陽のあたる事務所にて。

社長と短期・中期経営計画について語り合いました。
少数精鋭(!)の利点として、日ごろから、
「目標にしていることや理想としていることを、
多く、率直に話し合える」ということがあります。
でも今日みたいに、ノートにかなり具体的に書き出してみると、
初心を取り戻して、あらたに気持ちが引き締まり、
さらに先の、質のいい目標が見えたりして、とってもいいですね!!

それでわかったノエルホームの今後の展望。

「けっきょく、儲からない“しくみ”だね~」
そうですね~。
「でもいいよね。少しずつでも、みんながシアワセなら。」
そうですよね~。

島田洋七がラジオで言っていました。

どんなに大金持ちになっても、にんげん、
食べられるのは1日3食程度。
どんなにいい車を持っても、出せるスピードは法定速度。

ほんとほんと。
そう考えたら、ほんわかシアワセな気分になりました。

さて、さらに長期・超長期経営計画も立ててみる。

「わたくしが年金もらえるようになるまで、
社長には頑張っていただきますからねっ!」
私より10歳も年上の社長は、
「頭が痛い...」と言って、突然、無口になりました。ん~。

節分・立春

柿ピーは柿:ピーが7:3ぐらいだといい。

と思っている私は、あまりピーナッツに執着がないので、
年の数だけ食べるのは、しんどい...

というわけで、「恵方巻き」のシステム(?)は大歓迎よ!
なにしろ年明け早々、うちのママン、
「今年も恵方巻き、食べようね
と1ヶ月も前から計画していました。

盛岡の「老舗百貨店別館」の北辰は、魚屋さんでありながら、
すし屋顔負けの、美味しいおすしを取り揃えておりまして、
ここのゴージャスな径10センチの「海鮮太巻き」を、
とっても楽しみにしているのです。

それで今年も、

setubun.jpg


何も言わずに念じながら食べる...
なんて、無理。一口食べるごと、

ウマぁ~イ♪

しかも、
「北北西ってどっちかな~?まあいいか。
福の神(?)は、神様なんだから、
そんな小さいこと、こだわらないって。」
とへんな理屈をつけて、いつものテーブルでいただきました。

信心深さが、これぽっちもない、かわず家の節分です。
「いいの、いいの。これは回転寿司に押されてる、
おすし屋さんを盛り上げるためのイベントなんだから。」
って言うけれど、あなた。
これ、お魚屋さんで買ってきたんじゃ...

さて、立春の朝。
カーテンを開けると雪!
ん~。これから水沢に行くんだけど、
国道は大丈夫かしら?

ナマケモノ

今度生まれてくるときは、
ナマケモノのオスになって生まれてきたい。

ナマケモノ。
群れを作らず、木の上で(ツリーハウス?)単独で暮らし、
動かないから、体に苔が生えることもあるらしい。
一日に7・8グラムしか食べない、しかもベジタリアン。
(もちろん、狩りは無理でしょうからね。)
木から下りるのは1週間に1度、排便のときぐらい。

なにも考えず、楽~に生きているナマケモノ。
これを「怠け者」だなんて。
私だったら、「ヨステビト」と名付けるね。
木の上からナマケモノが、流れの速い川に落ちて、
流される映像を見たことがあります。

もがくでもなく、あせるでもなく、
流れに身を任せて。
な~んにも考えていないのでしょうね。
心配も恐怖もないのでしょうね。

今度生まれてくるときは、
ナマケモノのオスになって生まれてきたい。

さて、なぜオスか。
理由はヤナギサワさんに聞いて。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

01 ≪│2007/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音