タタールそば

ひさしぶりに「やまや」さんにお蕎麦を食べにいきました!

蕎麦食い処やまや
盛岡市大沢川原1-1-16
019-652-0808
日曜・祝祭日はお休み
営業時間11:00~20:00

お店は盛岡・下の橋のたもと。
宮澤賢治が下宿していた場所にあります。
お店の裏には、そのときの井戸も残っています。

yamaya.jpg

写真は一緒に行ったスガワラさんが注文した更科。
口の中に、しっかり蕎麦の風味が広がって、
歯ごたえも喉ごしも、とっても満足。
しかも良心的なお値段で、ファンの多いお店です。

わたしは、こちらではいつも韃靼そばをいただきます。
注文のとき、「韃靼、“もり”で。」と言うのですが、
困ったことにその直後から、ずっとず~っと、
エンドレス♪韃靼人の踊り♪がまわります。
食べてる間じゅう、ず~っとずっと。
蕎麦には合わないんだけど......
そういうことありませんか?
なにか、ふとしたことで、同じ音楽がまわる...


さて、こちらのお蕎麦屋さんは、2年前にノエルホームで、
リフォームしてくださいました。
板がいい具合に色づいてきましたね。
使うほど、味わいが増す。うれしいことです。

yamaya2.jpg

事務所の情景

このところ現場に出ていることが多かった社長ですが、
今日は会社にて、デスクワーク。
いろいろ打ち合わせをしたり、プランの見直しをしたり、
見積りをしたり...

して過ごす予定が、次から次へと来客。
けっきょく目論んでいたことの20%も出来なかった!

まあ仕方ないでしょう。そんな日もある。
でも、それを私のせいにしないでくださいっ!
「蛙が話かけるから、なあんにも出来なかった。ふん!」って。

私は孤独に強いタイプなので、
周りに人がいても、自分の世界に入れるほうです。
あ~でもない、こ~でもないっと、話しかけてきたのは、
社長のほう。
社長は人が多ければ多いほど、ウキウキするタイプ。
そう、棟梁もね。

気が散るのは、精神鍛錬が足りないからですっ!ふん!

というわけで、ケンカにならないように、
明日はpine garden営業所で仕事しよう。
社長はコタツ事務所で頑張ってくださいね。

休日

まるまるいちにち、久しぶりのような。

花粉アレルギーと思われる鼻炎か、長引くノエル風邪か。
鼻がむずむずするので、きっちり治すために、
ゆっくり過ごしました。おかげさま。
手紙を書いたり、お掃除したり。
お昼寝もしちゃった。シアワセ。

♪くもりガラスを~

晴れの日曜日。休日の仕事でも、
こんなお天気で、しかもちょっと遠出であれば、なお、うれしい!

奥州市水沢区までドライブ。
プランの打ち合わせでお客様のお宅にお邪魔します。
すこし早く着いたので、土地を下見したり、
市場調査(?)したり...

そしたら、

sazanca.jpg

「さざんか」が咲いていました!
さすが、四国4県と同じ大きさの岩手だ。
盛岡では、さざんかも椿もまだなのに。
そもそも、さざんかってあまり見ないものね。
北限は岩手という話ですが、それもきっと県南ですね。

さて、「さざんか」と聞いて思い浮かべるのは、
やっぱり「さざんかの宿」。 ...ダメ?

♪赤く咲いても冬の花ぁ~、
咲いてさびしい、さざんかの宿ぉ~♪

名曲だ。
でも、ほんとは「たきび」を思い浮かべなくてはだめ。

♪さざんか さざんか さいたみち
たきびだ たきびだ おちばたき♪

作詞 巽聖歌は岩手出身だものね。
これは、東京中野区にイメージした場所があるらしい。
そう、だからくどいようですが、
あまり盛岡や紫波のあたりで、
真冬に山茶花が咲くのを見ないですもの。

さざんかの花言葉は、「ひたむきな愛」
なるほど~。やっぱり「さざんかの宿」だわねぇ。

というわけで、お風呂で熱唱。
ご近所中に聞こえたに違いない。

冬の葉っぱ

寒い盛岡の冬。
外で越すことができない鉢植え達と、
11月の中旬から、狭い部屋をシェアしてます。

おのずと鉢植えの中で暮らしていた、
小さな生き物たちとも、共同生活することになります。
今、なめくじがベゴニアの鉢をお散歩中。
塩をかけたい衝動に駆られていますが、
お台所に行くのが面倒なので、
今夜のところは見逃してやる。

毎年のことです。
でもいつもの年と違うのは、葉の輝き!
部屋に陽が入って暖かい日が多いので、
ぐんぐん葉が成長しています。
冬とは思えないくらい、緑が鮮やか。
サンパラソルも、次々につるを伸ばしてます。
ん~、春になってからの管理、こわいなあ。
どうすればいいんでしょう~。
安定した生産が必要な農業は、もっと難しいのでしょうね。

人生の先輩

午後、お客様が来社、家のプランの打ち合わせ。
とても上品なご夫婦。
わたしの両親と同じくらいのお年ですが、
ジェネレーションギャップを感じませんでした。

ご自分たちのスタイルを持っていらして、
自身のことが、きちんとわかり、
さらに将来的に、どうなるか、どうなりたいか...
というイメージが、しっかり出来ていらっしゃる。

だから、お話をしていても、「ぶれる」ことがないのです。
とても、勉強になりました。
さすが、人生の先輩。

なめこ。それは神のマナに匹敵する。

好物はたくさんあるけれど、どうしても1つだけ選ばなければいけないとしたら、

なめこ汁。

今日、とれたてホヤホヤの「なめこ」をいただきました。
おおきくて見事な、見るからにうまそうな「なめこ」。
夕餉にさっそく、

nameco.jpg

大根おろし和えにしていただきました。

とっても、とっても、とっても、美味しかった!

それは、「なめこ」そのものの味がいいからなのはもちろんですが、
くださった方のお心づかいが、本当にうれしかったからなのです。
凍える冬、人の心がわからず、誠意を伝える術を知らない己が情けなく、
善意のつもりが空回りし、気分が落ちているとき、
愛情にあふれた、このかわいい「きのこ」が、
わたしにとっては、神が与え給うたパン「マナ」に匹敵するのでした。
もちろん、「お空みぃ、みぃ」食べました。

お味噌汁は、あしたのおたのしみ。

納豆がお気の毒。

その番組を見ることがないので、
「どうして近頃、納豆が品薄なのかな~」と思っていたのでした。
なるほどね。
でも、何かを食べることによって、
ダイエットできる...なんてありえないことに、
どうして気づかない人が多いのでしょうねぇ。ふ・し・ぎ。

「食育」って子供達ではなくて、その親の世代にこそ、
必要なんじゃないかと思います。
家庭科で習ったはずなんだけどね~。
食文化も食の産業も、短期間で激変したから、
知識は一部の人だけのもので、
全体に行き渡っていない感がありますね。
それで安直なテレビの情報に流される。
「食」について、親子で一緒に勉強したほうがいいですよね。
ほら、そう考えると、家政学って、とっても重要!!

1日のうち、人が起きている間に家で一番長く費やす時間は、
「作って食べる」時間じゃないでしょうか。
そう考えると、その時間を過ごす「空間」って、
とても大事です。
「お台所と茶の間についての考察(仮題)」書かなきゃ。

注意報から警報にかわった感じ

会社に行くと社長が、熱を出している人特有の、
血走ったような、死んだ魚のようでもある涙目で、
鼻をかんでいるではないか!!!

それを見ただけで私の繊細な胃は下がり、
首から肩にかけて、ますますだるくなり、
熱が出てきたような気すらしてきた!

それで慌てて家に帰ってきて、鏡をのぞくと、
美少女のような、熱のある、潤んだ涙目になっている...
はずが...いや、そうでもないじゃないか。

それでも大事をとって、本当はギターのレッスン日でしたが、
休むことにし、
垂直な胃にやさしい、おうどんをいただき、
葛根湯を服用して、温かくして寝ます。
なんども言いますが、
アタシは風邪ひきたくないんだよ~!!

スウェーデンに行きたい。

ひいたかな?と思ったのは気のせい。
やっぱり、「丈夫なだけが取柄」でした。

しかし巷では、風邪が大流行り。
「うつしてくれるなよ」オーラを出しているのに、
まわりの人々は、ところかまわず咳やくしゃみをします。
すみません、おまわりさん!逮捕してください。
わたしは、風邪ひきたくないんです~!!

さて、今朝はよから、地盤調査。

jibanchosa.jpg

スウェーデン式サウンディング試験。

どうしてスウェーデンなのかな~と、ずっと思っていたのに、
調べることなく本日に至る。

それで調べました。

1917年頃、スウェーデン国有鉄道が、
不良路盤の実態調査としてこの方法を採用しました。
その後スカンジナビア諸国で広く普及。
日本では1954年頃、当時の建設省が、
堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。
1976年、JIS規格に。
現在、一般住宅のほとんどがこの方法で実施しています。


ほほう~。

ノエルホームの家の窓は、スウェーデン製の3層ガラスサッシ。
ママンは若い頃、スウェーデン刺繍にはまった。
私が高校時代文通していたのは、スウェーデン人の同い年の女の子。
ステファン・エドバーグのファンだった。

こんなにスウェーデンって身近な国なのに、
一度も行ったことがないなんて、不自然だ!
とすると当然の成り行きとして、社員旅行はスウェーデンだな?

がんばって仕事して、スウェーデンに行きましょうね!ねっ!ねっ!ねっ!

鬼の学ラン

いいえ、鬼の霍乱(かくらん)です。

以前は、「若さだけが取柄です。(“かわいさ”も。)」と言ってましたが、
最近は、そう若くもないので、
健康だけが取柄です。(“かわいさ”も。)」と言うことにしてます。

嗚呼それなのに、首や肩が痛む...
これはもしかして、風邪のひきはじめなんじゃないかしら。

というわけで、「かわずのブログ、短けぇ~!」と
一部の人(社長)から、非難GOGOですが、
なんといっても身体が資本。
早めに休みます。
それに明日は早起きして、黙祷を捧げなくてはいけない。

宝の手

じつはノエルホームにはもう一つ、別の名前がありまして。

どなたが、いつからそう呼んだのか...
「子宝ハウス」という実にめでたい名前です。
たしかに、ノエルホームで家を建ててから、
新しい家族が増えたという方が多いのです。
なかなか授からない...とおっしゃっていた方にも、
思いがけなく玉のような赤ちゃんが生まれて。
不思議。
さらに、姓名判断をしたら、
「のえる」ちゃんという名前がいいでしょう、と出たり。
(じっさいには、ちがう名前になりました!)

今日は2003年に家を建ててくださったお客様の所に行ってきました。
この3年の間に、ご夫婦には、
かわいい女の子と男の子の赤ちゃんが生まれました。

ten-te.jpg

tenちゃんの“てって”と、

leo-te.jpg

leoちゃんの“てって”。

パパとママのところに、
いっぱいのシアワセを運んできた手。

NEARNESS OF YOU

寒くなる季節、このCDを聴きたくなる。
なんども、なんども聴いているけれど、ぜんぜん飽きない。

m_brecker.jpg

去年の晩秋も、衝動に駆られ、久しぶりに出してきて、
真夜中、遠出のドライブの間じゅう、ずっと聴いてました。

そしたら今日、マイケル・ブレッカーの訃報。
ライブで聴いてみたかったのに、それはもう叶わないのだなあ。
とても悲しい気分です。

キャンドル

honeybee.jpg

ずっと前に買って、なかなか使うことができないろうそく。
なぜなら、カエルやクマちゃんや、シロクマちゃんや、
ペンギンさんや、パンダに負けないくらい、
蜂好きなのでした。
かわいそうで、火をつけられない...

今年の目標のひとつ。
去年は忙しいふりをして、なかなか出来なかった、
「モノづくり」をする!!ということ。

裁縫も復活して、今年は帽子を作ろうと思います。
それから、candle day'sに触発されて、
キャンドル作りに挑戦します。
今日、図書館でいろいろ本を借りてきました。

ここに書いたからには、仕上がったらアップしなくちゃね。
shimaちゃん、ぜひ私のろうそくも使ってね。
出来上がったら、の話。

ちいさいおうち

lh.jpg


「ちいさいおうち」
えとおはなし  ばーじにあ・りー・ばーとん

5さいのときに、かってもらった えほん。
だいすきで、なんども、なんども よんだ。
そのわりに、よごれていない。
それだけ だいじにしていたってこと。



昭和29年第1刷発行 昭和51年第22刷。
今はどのくらいになっているのかな?
不朽の名作です。

小さい頃、「自分がこの家に住んでいる」ごっこ
をして遊んだものです。

「ちいさいおうち」は小高い丘の上にあって、
下のほうには小川が流れています。
家のまわりを、林檎の木が囲み、
野原にはヒナギクが咲いて、
ウマやネコやイヌも人と一緒に暮らしています。

日が昇り、日が沈み、
月や星が出て、また朝になり、
季節はなんどもめぐって...
穏やかに時が流れて、みんなシアワセで、
これこそ理想の家!

お話の中では、「ちいさいおうち」は、
運命の荒波に揉まれますが、
ちゃんとハッピーエンドです。

今、こういう仕事をしているのも、
多分に、この絵本の影響。
「ku:nel」で特集を組んだことがあって、
もちろん、すかさず購入しました。
わたしの「ちいさいおうち」は、
いつになったら出来るのかな~?

慈姑

9y.jpg

セイウチの牙?
ナマケモノの爪?
こ、こわい。

こんないい年をして、「生まれて初めて食べるニッポンの食材」。

盛岡では、あまり食べないですよね?ねっ??
こたえは「くわい」。
よ~くよ~く、アク抜きして、うま煮にして食べました。

9y-2.jpg

イモ系のものはそんなに好きではないので、
もうきっと食べることはないです...
いくら、おめでたいと言われても...
だって、野菜なのに、生々しいんですもの!!!

小さい頃、葉しょうがも、「鶏肉に葉っぱが生えてるぅ~!」
と思っていました。こ、こわい。

始動!

お言葉に甘えてほんとにたっぷり休みをいただき、
今日から活動開始。

家を出たところで、

・・・pine garden地区は雪が積もってた!
里に下りたら雪はなかった。なんじゃこりゃ~。おりゃあ~。・・・

ケータイが鳴り、切ってはまた鳴り、
あっちに行って、こっちに行って、
なかなかに忙しいスタートでした。天バチかしら?


どこへ行っても「昨日の勝利」の話題で持ちきり。
こんなにたくさんの人達と共有できる、
長く続く喜びをもたらしてくれて、
盛商サッカー部よ、本当にありがとう!

思えば大人になってから、声をあげて泣く、
ということは数えるくらいしかなかった...
でも昨日は文字通り、「オイオイ」泣きました。
うれしい涙を流すのは心地いいんだけれど、
オイオイ言ってる自分は、ジャンプの原田みたいで、
イヤだわって思いました。
それから、ずいぶん粒の大きい涙だわって思いました。
感動してるのに、そんなこと思ってるもう一人の自分がいて、
ふ・し・ぎ。

おめでとう!盛商サッカー部!!

いまも余韻に浸っています。


勝敗は結果に過ぎない。そんなことは、もうどうでもいい。
そう思えるぐらい、すばらしい戦いもたくさんあります。

でも今日の試合はどうしても勝たなければいけなかった。
どうしても勝ちたかった。
それは、きっと選手だけじゃなくて、いわて人の総意。
「斎藤監督のために勝つ!!」

試合で一つ勝ち進むごと、日ごろの鍛錬で培った実力以上の
力を身につけて、戦う選手たちの奇跡を、
これまでにも、なんども見ました。
でも今日のピッチにはそれ以上の「神秘の力」があった!

感動をありがとう。本当に、本当にありがとう。
盛商サッカー部!あなたたちは岩手の誇りです。

愛国心や郷土愛は教えられたり、強制されたりするものじゃない。
自分が属するものへの愛着だったり、感謝の気持ちだったり、
そういうものが作用して内側から自然に沸き起こるもの。

今日はそんな当たり前のことを改めて感じた日でした。

いざ、決勝戦!!

気は強いが肌は弱い。涙腺も弱い。

今日の午後も、肌ズタボロである。
だがしかし、ピークの過ぎたお肌。
一度や二度、荒れたところでどうということはない。

盛商サッカー部よ、決勝進出おめでとう!!
月曜日、もう一度、歓喜の涙を流させてくれ。

メガネ女子。

年末年始は家でダラダラ、メガネで過ごす予定でした。
日ごろ、コンタクトレンズで目にたいへんな負担を強いているので。

ところが休日の初日、メガネをジャブジャブ洗っていたら、
ポクンとフレームが真っ二つに割れてしまった!
おお!!!

それで今日新しいメガネを買いました。
なんと8年ぶりに新調したのです!
この8年の間には、メガネ界にも価格破壊の波が
押し寄せてきていたようで、
かつて、「紳士淑女の御用達two萬円堂」が、
わたしの懐にいちばん優しい店だったのに...

なんと本日購入のメガネは3つで壱萬五千円堂ですよ、奥さん!
今なら2つお買い上げの方に、もれなく、もう1つお付けして...
の世界ですよ!

メガネ、似合わないので好きじゃないけど、
でもなんだかうれしい~。
だから出来上がってきたら、まいんちまいんち、
かけるんだルン。

休みボケ

こんなに休んでいていいのかしら...?
たしかノエルホームのお休みは、1月8日までだよ!
って聞いた気がするけれど...
あれは幻だったのかもしれない。
どうしよう...
明日会社に電話してみよう。

ギタリスト鈴木大介さんのブログを読んでいたら、
元日から、ものすご~く練習されているようでして。
素人の趣味なんだからいいんだよ、私は。
と思いつつ、妙な焦燥感に駆られたりして。
それはなにかと思ったら、
鈴木大介さんと私が同い年だった!という事実なのでした。
それなのにどうだ?この違いは。
今年は貫禄がつくように努力します。体型じゃなくてね。

ええ~、気分転換に(何の?)、
県美で開催中の「エミール・ガレとドーム兄弟」展を見て来ました。
私の中のご先祖様(石川五右衛門のこと...うそ)が、
騒ぐ作品がいくつかありました。
とってもよかったですよ。
1月28日まで。ぜひ!

もちろん「険」が正解。

昨年、ニッポンの正月を味わえなくて残念だったのは、
唯一、箱根駅伝だった!

2日間、スタートからゴールまで、ず~っとず~っと見ていても、
全然飽きません。
区間ごとにヤマ場があるし、走者はいずれも魅力があるし、
それに「箱根」というロケーション自体がドラマティックだしね。
見ている間じゅう、泣きっぱなしなので、肌はズタボロ。
気は強いが、肌は弱いのである。涙腺も。

それで、およそスポーツ観戦に興味がないママン。
往路の今井君の走りを見ていて、

「この子、明日も走るの?」

ええ~っ!?
ほんとにそう思っているの~?

おまけに、

「明日はどこまで行くの?」

ええ~っ!?!?
まじすか~?

きわめつけ。
♪箱根の山は天下のケン♪と歌っていたら、

ママン 「“ケン”って...」

アタシ 「ま・まさか、“県”だと思ってないでしょうね~?」

ママン 「“”かと思った、あはははは~。」

ひいぃぃぃ~!

どうかアタシ、橋の下で拾われた子であってくれ。

季節の味...お正月

とは言いながら、コレは飽きずに毎年食べる。
材料さえ揃えば、季節を問わず食べたい。
その名も、

THE たらこ・こんにゃく。

なんのひねりもない、この名前。
かわず家では、そう呼んでいます。
そしてわが蛙一族以外で、コレを食べているのを、
見たことがありません。そんな気がする...。そお?

見た感じも地味。でも美味しいのです。

taraconnyac.jpg


■材料■
糸こんにゃく,かつおだし汁,真だらこ,生卵、
塩,しょうゆ,酒,お好みで一味

■作り方■
①糸こんにゃくに塩をまぶして、10~20分置いておく。
サッと水で洗って、大きめに切っておく。
②生のたらこをほぐす。私は皮がたまらなく好きなので、
ほぐした皮も入れます。溶き卵と和える。
③だし汁、酒、しょうゆ、塩を鍋に入れ、煮立つ直前、
こんにゃくを加える。だしは、こんにゃくがヒタヒタする程度の量で。
ちょっとしょっぱいかな~くらいのほうがいいです。
そうじゃないと、ボケた感じに仕上がります。
④5分ほど煮る、煮すぎないのがポイント。
⑤②を鍋に入れてからめ、クツクツ、プクプクッ、
の程度で火を止める。
⑥お好みで一味を。冷やして出来上がり!召し上がれ!!

飽食ニッポン蛙

バチあたりを承知で言っていいですか?

おせち、飽きた!もういやだ~!!

季節の行事はたしかに大切にしています。
でも胃袋は別人格なの!

嗚呼、どうしてもロシア料理が食べたい。
ペリメニが食べたいんだよ~!
hisap!「トロイカ」に行こう!!
花工房らら倶楽部の「ダーチャ」もいいよ。
ハバロフスクの「マトリューシカ」みたいに素朴な味なの。
憶えてる?
こってりしたものが食べたいんだよ~!!!!

毎年飽きるから、でも残すのはイヤだし、
数はともかく、量減らそうねって言っているのに。
一食分でいいのにね。
明日はぜったい、いろんな具材入れて、
煮込みうどん作ってやるっ!ふんっ!

謹賀新年!

お正月休みは、ブログさぼっちゃえ!!
と思っていましたが、性分なのですね...
几帳面で繊細で誠実なB型ですもの。

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

不思議と十五夜や七夕や獅子座流星群や初日の出は、
天気が悪いと相場は決まっているのに、今年は晴れ!!
幸先いいですね!!!!
昨年はスペインでお正月を迎えましたので、
今年は徹底的にニッポンの正月を過ごそう!
ということで、近場にて「初日の出」。

7_39.jpg 7時39分

7_40.jpg 7時40分

7_41.jpg 7時41分

7_42.jpg 7時42分

7_44.jpg 7時44分

7_45.jpg 7時45分

全身にありがたい太陽の光を浴びて、
「なにか」を解毒というか消毒というか、
したような気分...生まれ変わったよ!

太陽の光は感動的にあたたかいのです。

手をかざして、
♪僕らはみんな生きている♪
「手のひらを太陽に」を歌いました。
あいかわらず、バカですねぇ~。

プロフィール

蛙啼音

Author:蛙啼音
理想の「住みよい家・心地のいい庭」を求めて日々、勉強中。
おはなのこと、ギターのこと、おいしい話など、心に浮かぶことをとりとめなく...

カレンダー

12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 蛙啼音